1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. つらい時、泣きたい時…。心に沁みる一曲は?

つらい時、泣きたい時…。心に沁みる一曲は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mandygodbehear/gettyimages

伝説のロックバンドが初来日

4月17日は「クイーン(Queen)の日」。
女王のクイーンではなく、ロックバンド「クイーン(Queen)」。彼らの来日40周年を記念してユニバーサルミュージック合同会社 USMジャパンが制定しました。
初来日のために羽田空港に到着したのが1975年(昭和50年)4月17日でした。
「クイーン」は、イギリス・ロンドン出身の男性4人組のロックバンド。「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など、数々の名曲を生み出しました。
2017年(平成29年)までの認定セールスでは、アルバムとシングルで世界第6位! 3.5億枚を超え「世界で最も売れたアーティスト」にも名を連ねています。

ママたちの自分認定の名曲は?

名曲といえば、クイーンのように誰もが認める名曲もあれば、自分認定の名曲もあることでしょう。
口コミサイト『ウィメンズパーク』にも、「悲しい時に励ましてくれる曲」「感動して泣ける曲」「大人になって聴くと沁みる曲」などがあがっていました。

こちらもおすすめ→思い出の1曲!!「はじめて買ったCD」は?

「KANの『愛は勝つ』。若い頃は男女の恋愛の歌だと思って聴いていました。でも、母になり、子育てで悩みのあった時に、心配ないからね~♪に、ハッとしました。“必ず最後に愛は勝つ”、この愛は、わが子を想う親の気持ちのようだと感じ取れました」

「若い頃は、ウルフルズの『ええねん』はメロディだけ楽しんでいたけれど、大人になって改めて聴くと、辛い時、何かにつまづいた時、大きな壁にぶつかった時、とても心に染みてきました」

「中島みゆき『空と君とのあいだに』は、子どもを持った今だからこそ聴くべき」


辛い経験、苦しい経験を経て大人になった今だからこそ、本当の歌詞の意味やメッセージが伝わってくるのですね。


育児に疲れた、こんなに頑張ってるのに嫌なことばかり…。そんなときに励ましてくれる曲は?

「BUMP OF CHICKENの『HAPPY』は、自分の中のダークな気持ちを否定せずに受け止めてくれる歌です」

「育児、家事、介護…。色んなことに、疲れ、うまくいかなくて、なんで私だけって思った時にGReeeeNの『歩み』を聴くと涙が出ます。泣くのを我慢してがんばらなくていいんだよっていってくれてるような曲だと感じます」

「ナオト・インティライミの『Brave』は、そのままの自分でいいと思わせてくれる、私の中では1番の応援歌!」


ほかにも、
『superflyの愛を込めて花束を』←力強い歌声に励まされます。
平井堅『桔梗が丘』←子どものことを想って聴くと効果あり。
ゴールデンボンバーの『ドンマイ』←YouTubeでPVがおすすめ。
スピッツの『ルキンフォー』←“折れそうになるけれど、風向きは変わることもある” この歌詞に何度励まされたことか!

『ウィメンズパーク』の口コミでは、ほかにもまだまだたくさん紹介されています。
泣きたい時、落ち込んだ時、あなたの心を打つ名曲にきっと出会えることでしょう。
ちなみに、個人的には最近演歌がじんわり沁みてくるようになりました。
歳のせいですかね?
(文・井上裕紀子)

関連:たまにはひと息つきませんか? 育児疲れを癒やす10の方法

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
2人目が欲しい!きょうだいは◯歳差が育てやすい?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る