1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 低金利時代の救世主!個人年金保険で実質9%以上の運用を狙おう♪

低金利時代の救世主!個人年金保険で実質9%以上の運用を狙おう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


銀行にお金を預けても、定期預金ですら金利は0.01%という低金利時代。少しでもお金を増やしたいけど、投資はこわい...という人におすすめなのが、個人年金保険。リスクもなく、掛け方によってはなんと、年9%以上で運用するのと同じ効果があるのです!
詳しいやり方とより賢く使うコツを、マネーコンサルタントの頼藤太希さんにうかがいました。

貯蓄しながら節税でリターン!

個人年金保険がお得な理由は、貯蓄しながら『節税』でき、利息のようにお金が毎年戻るから♪会社員なら年末調整で申請できるので、確定申告する必要もありません。しかも、その効果は絶大!驚きの“利回り”にご注目を!

貯蓄性より節税効果に注目!

個人年金保険がお得なのは、貯蓄性がよいということではありません。
「マイナス金利の影響で、個人年金保険の貯蓄性は低く、まったく魅力的ではありません。ただ、他の金融商品と違い、“個人年金保険料控除”が使え、節税メリットがあるのがポイント。所得税率が20%の人は、住民税の10%と合わせて控除額の30%が毎年戻ります。これが、利息のような効果を発揮するのです」

自分の税率はいくら?と思ったらこの記事もチェック!

控除額には限度がある

控除額の30%も戻るなら、どんどん掛けたほうが得!?
「控除できる金額には上限が。所得税は最大4万円、住民税は2万8000円です。保険料は月1万円でも10万円でも戻ってくるお金は同じなので、掛けすぎるとむしろ効率が悪くなるので注意」。

月7000円~1万円の掛け金がベスト

控除は所得税、住民税で合わせて最大6万8000円。所得税率が20%の人は、住民税の10%と合わせて、毎年1万800円が戻る計算です。
「最大限に控除を受けるには、月7000円(年8万4000円)の掛け金があればOK。この場合、掛け金に対し13%も戻ることになり、最も効率的です!」。
保険料の設定が1万円以上からしかできない場合でも、節税で戻るお金は9%となり、銀行に預けるよりはるかにお得♪

賢く、確実に取り戻すポイントとは

マイナス金利の影響で、個人年金保険を含む貯蓄型保険は全般に今年の春から値上げの予定。また、条件を満たしていない個人年金保険では控除対象外になるので、ポイントをしっかり押さえよう!

保険料はこの春から値上げ!入るなら今

保険商品の予定利率は、2017年4月から低下。
「保険会社は運用が厳しくなるため、保険料を値上げする流れが始まっています。すでに売り止めを決定している商品もあるので、加入を検討するなら急いで!」。
来年の控除に使うためにも、1か月でも早く申し込むほうがトク!

「税制適格」を満たしているか確認!

個人年金保険ならなんでもいいかというと、そうではない点に注意。
「控除を受けるには加入する個人年金保険に『個人年金保険料税制適格特約』を付加する必要が。年金の受取人が本人または配偶者であること、払い込み期間が10年以上あるなどいくつかクリアすべき点があるので、必ず『税制適格』かどうか保険会社に確認しましょう」

年末調整で申請してOK! パートでもやる価値あり!

個人年金保険は、他の生命保険料などと同じく、会社の年末調整で申請可能なのでとってもお手軽♪
「昨年分を提出し忘れた人は、確定申告で受け付けてくれるので忘れずに申請を。確定申告もネットで行えばさほど難しくなく、そのまま印刷して提出できます。また、パートでも給与明細で所得税や住民税がとられている場合は、申告すればお金が戻りますよ!」

ネットの確定申告って?と思ったらこの記事もチェック!

個人年金保険で所得控除すると、所得税で返金になる部分は現金、住民税は翌年度の住民税が安くなる形で戻ります。ちょっとした臨時収入&手取りアップにつながるので、手間を惜しまず申請しましょう!
臨時収入や手取りアップした分は、さらに貯蓄に回すことも忘れずに♪




(イラスト・地獄カレー/文・大上ミカ)

●監修:マネーコンサルタント 頼藤太希さん
マネーコンサルタントとして、節税の大切さを各メディア、講演などで訴求。著書に『税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法』(河出書房新社)など

●参考/ひよこクラブ増刊『bizmom(ビズマム)』2017年冬春号「ノーリスクで資産を作ろう★目指せ!節税長者!」←節税のキホンから最強の節税兵器・確定拠出年金まで、がっつり10ページ大特集!本気で節税したくなったら、こちらもチェックして!
<Amazonで購入する>


■関連記事
転んでもタダでは起きない!医療費控除で、キャッシュバック!
やらない理由が見つからない! ふるさと納税
「特別出費」を制する者は、「貯蓄」を制する! 年間予算の作り方

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
ワーママの味方!家事代行サービスってどんなもの? 賢い使い方とは

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事