1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 大人だって大好き!ロゴT&スウェットの旬な着こなし9選

大人だって大好き!ロゴT&スウェットの旬な着こなし9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:@red_sjkさん

カジュアルの代名詞といえばロゴTシャツ&ロゴスウェット。上手に着こなしている人はカジュアル上級者のイメージですよね。大人だって可愛く、かっこよく、ロゴトップスを着こなしたい!そんなあなたに、SNSのおしゃれなロゴT&ロゴスウェットのコーディネートをお届けします。大人っぽくて今年らしいロゴトップスの着こなし、普段のおしゃれの参考にしてくださいね!

こちらもおすすめ→超クール!この春の親子リンクはスポーツミックスでキメよう

ロゴ&デニムはロングアウター重ねで大人っぽくシフト

今季注目のロングシャツワンピースやロングガウンなどの軽い羽織モノ。ロゴTやロゴスウェットにさっと羽織るとグッと大人っぽくなるし、気になるお肉をほどよく隠してスラッと見せが可能です。

★大人だからこそリッチにキマるこなれカジュアル

出典:ZOZOTOWN

女性らしく見える細身のスウェットをハイウエストストレートデニムで今っぽバランスに仕上げたコーデ。薄軽なカーキのトレンチで縦ラインを強調すれば、カジュアルがぐっと大人っぽくなりますね。手元のアクセ使いも参考になります。

★ロングシャツワンピ&パンプスで女子盛り

出典:ZOZOTOWN

同じロゴT&デニムの組み合わせも、細身のジーンズ&パンプスにするとイメージが刷新されます。ロングシャツワンピと白の小物で女子力たっぷりにしても、ロゴTが甘さをほどよく中和してくれて格好可愛いスタイリングがキマリます。

★ベージュのトレンチを若々しく見せる休日コーデ

kkrさん(@red_sjk)がシェアした投稿 -

ベージュ&インディゴの鉄板コンビに赤ロゴが効いた大人コーデ。デイリーでお仕事に着ていくトレンチとはまた違った着こなしが、若さを引き立てますね。

マキシスカートで女っぽく着こなすのも好バランス

カジュアルなイメージのロゴトップスですが、大人女子はすそ幅たっぷりのマキシスカートでドラマティックな着こなしもおすすめ。甘辛バランス抜群かつオシャレ度高く見えるから、家族でのGWのお出かけなどにオススメです。

★ゆるっとロゴTはたっぷりマキシなスカートでハズシカジュアル

出典:WEAR

黒地のオーバーサイズなロゴTシャツをベージュのロングマキシと合わせたコーデはオシャレママにおすすめ。足元スニーカーでもスタイルアップして見えます。アップヘアでさらにスッキリとバランスよく。

★ミリタリーブルゾンと黒スカートでロゴアイテムをシックに

出典:ZOZOTOWN

トレンドのアウター、ミリタリーブルゾンと黒のマキシスカートで旬度高めのコーディネート。鮮やかなブルーのロゴスウェットを大人っぽくシックに着こなしたpost。

★ユニクロのロゴTも透けるスカートの重ね履きでドラマティックに

出典:WEAR

ユニクロメンズのロゴTをH&Mのシアースカートでドラマティックに着こなした大人なコーデ。小物の質や旬度にも気を配った、ファッショナブルな着こなしが素敵です。プチプラアイテムはトレンドを上手に取り入れるのが垢抜けて見えるコツですよ。

今年注目のロゴTはずばり赤ロゴ!

今季SNS やインフルエンサーの間で話題になっているのが赤いロゴが入ったTシャツ。地味色コーデを新鮮な印象にアップデートしてくれると、注目が集まっています。新調するなら断然赤ロゴTがおすすめですよ!

★鮮度高めなアイテム同士でオシャレ感度をアピール

出典:WEAR

ライダースとトレンチスカートに鮮度抜群な赤ロゴTシャツを投入。ややハードなトレンドコーデが、赤ロゴのお茶目な感じでこなれて見えるから不思議。シンプルコーデこそ、アイテムの鮮度がモノを言います。

★カーキ×赤の色合わせがベーシックコーデを洗練させる

出典:WAER

カーキ、ネイビー、白のベーシックコーデ、これだけでも充分オシャレですが、ロゴの赤を差し色に取り入れると、ぐっと洗練された印象に。ちょっとした遊び心やハズしのテクニックを1枚で担ってくれる、赤ロゴTシャツのおかげです。

★ジャケットONできれいめコーデもオシャレ

出典:ZOZOTOWN

ユニクロのチノパンにZARAの赤ロゴTシャツ。金ボタンのジャケットを羽織れば、きれいめなコーディネートが完成します。カジュアルなロゴTも、ジャケット合わせできちんとしたシーンにもハマりますね。

関連:ぽっちゃりママも指名買い♡ユニクロ・GUのワッフル五分袖がバカ売れ!

インナーとしても1枚でもキマるロゴトップス。今年らしいコーデ例を参考に、いっぱい着こなしてくださいね。(文・中山裕子)

※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事