1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 渋滞中、子どもが飽きない使える遊び

渋滞中、子どもが飽きない使える遊び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

thoth11/gettyimages

ドライブには、出会いや発見がいっぱい!

5月5日は「たのしくドライブする日」。
ドライブは、いつもは見られない景色が見えたり、ふだんは会えない誰かと会えたり。たのしくドライブすることは新しい世界に一歩ふみ出すこと。そんな想いを多くの人とシェアするのを目的とし、JAPAN SMART DRIVER プロジェクトが制定しました。

渋滞中、車の中で何して遊ぶ?

家族みんなでたのしいドライブ♪
といっても、子どもはチャイルドシートを嫌がるし、渋滞で飽きてしまうで、なかなか楽しいドライブとはいかないものです。
子どもを飽きさせず、楽しくドライブするアイデアはないでしょうか?
口コミサイト『ウィメンズパーク』のママは、車内で子どもとどんなことをしているでしょうか?

こちらもおすすめ→格安商品は要注意!チャイルドシートの選び方&おすすめ5選


「CD付き子どもに聞かせる世界の民話というシリーズは、車の中で活躍しています。マイナーな国のお話もあり、地理的な関心も高まります。小さい子から大きい子まで、年齢に応じて楽しめるいいシリーズですよ」

「お勉強系DVDはいかがでしょう。うちは英語の数え歌や九九や元素記号を覚える歌のDVDを観せています」


DVDは、子どもを飽きさせない鉄板アイテムですが、小さい子がいるとDVDを観せるのに抵抗があるというママも。

「マイナーですが、しりとりは定番。○○縛りをかけると盛り上がりますよ。食べ物縛りとか、最後に必ずんが付くようにするとかアレンジ色々です」

「次に見えるコンビニはどこでしょうゲーム。単に予想して、当たったらポイントがたまり、ポイントに応じてお土産がランクアップします」

これ楽しそうですね♪

「運転手がなにをしているかしっかり見るとか、助手席に乗ってる人はどんな人かをみるとか、動体視力を鍛えられますよ」

「娘のマイブームは車のナンバーの4つの数字を使って計算です。足したり引いたり掛けたり割ったり。大人も一緒に頭の体操です」

「大人が相手にできない時は、AIスピーカーに助けられてます。しりとりもできるし、なぞなぞもします。『あの曲かけろ』とか『あのお話ししろ』とか、飽きずにずーーーーっとやってます」

これ、DVDに続く車内の鉄板アイテムになりそうですね。

ただ、こんな意見も。

「自分で暇つぶしを見つける経験も必要では? 今の子って、親が何でも与えちゃうからほんの30分の移動にも耐えられない子が多いなと感じます」
「なんでもかんでも『ひま、ひま』と言えば、誰かがなんとかしてくれるわけじゃないよ。自分で面白くなるように何かを見つけてごらん?と伝えます」


外の景色をどれだけ覚えられるかとか。
渋滞で横に並ぶ車の人と目を合わせて手を振ってみるとか。
電車なら、まず次の駅まで絶対に揺れないとか。
目の前に座っている人はどんな人なんだろう? 何をしている人だろう? どこにいくんだろう?と想像する人間観察とか。

実は、子どもって遊びを探す天才! アイテムがなくても自分で楽しみを見つけさせることは大切かもしれませんね。
(文・井上裕紀子)

関連:覚えておくと役立つ! 家族旅行を楽しむ7つのポイント

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る