1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 下の前歯が顔を出します!【生後7ヶ月】赤ちゃんの6月のお世話

下の前歯が顔を出します!【生後7ヶ月】赤ちゃんの6月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

支えがなくても一人でおすわりできるようになり、うつぶせで遊ぶのも得意な「生後7ヶ月」の11月生まれ赤ちゃん。そんな赤ちゃんとの6月の過ごし方を紹介します。

手を前につかずに一人座りができるように

「生後7ヶ月」の赤ちゃんは、手で支えなくても、背すじを伸ばして一人で座っていることができるようになります。うつぶせにすると、片手で上半身を支え、もう片方の手でおもちゃをつかむこともできるように。
寝返りは自由自在になるので、もう仰向けでジッとしていることは少なくなります。おすわりが上手になると、体全体を使った遊びが楽しめるようになります。ママやパパがひざを立てて座り、赤ちゃんをひざに座らせてすねの上を足の甲に向かって「滑り台」、ママやパパと赤ちゃんが向かい合って座り、手をつないで前後に倒れる「ぎっこんばったん」などもおすすめです。おすわりの姿勢でバランスをとる能力も身につきますよ。

要求があると泣かずに声を出して訴えるように

ママやパパが話しかけると、ジッと口元を見つめたり、一生懸命聞くようになります。「マンマン」「バババ」など声を出すようになる子もいます。これまでは要求があると泣いて訴えていましたが、「アーアー」などと声を出して、泣かずに訴えるようになります。このように言葉や動作をまねできるようになるころなので、たとえば、離乳食を食べさせるときに、「モグモグしようね」と言いながら、ママやパパもモグモグと口を動かすと、赤ちゃんも口元を見て、まねをするようになりますよ。意味はわからなくても、繰り返していくなかで、動作と言葉が少しずつつながり、やがて意味のある言葉になっていきます。

ベビーカーでのおでかけもラクに

一人座りができるようになるので、ベビーカーでのお出かけも楽になります。ただ紫外線対策を忘れずに。紫外線は晴れの日だけでなく、雨の日やくもりの日も降り注いでいるので、外出するときは帽子やベビーカーの日よけなどで、できるだけ日差しを避けましょう。また、顔や腕などにはベビー用日焼け止めをぬる事を習慣づけましょう。外出するときは、麦茶や湯冷まして小まめに水分補給することも忘れずに。
また、夏のおでかけに備えてB型ベビーカーや夏ものウエアも準備しておきましょう。B型ベビーカーは生後7ヶ月から使え、A型よりも軽量でコンパクト。折りたたみやすいメリットがあります。三輪タイプやバギータイプもありますので、実際に触れて検討してみてください。

おすわりができるようになり、赤ちゃんの視界も広がって、お散歩がますます楽しくなる時期。雨の晴れ間にお出かけを楽しみましょう。
(文:たまひよONLINE編集部)
『11月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋

■おすすめ記事
赤ちゃんの成長に合せた紙おむつの選び方とおむつ替えに便利なオススメグッズ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事