1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. お酒を飲む人も飲まない人も「おいしいおつまみ」いかがですか?

お酒を飲む人も飲まない人も「おいしいおつまみ」いかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sal61/gettyimages

【6月7日はアペリティフの日】食前に楽しいお酒とおしゃべりの時間を

6月の第一木曜日はフランス食品振興会によって「アペリティフの日」に制定されています。2018年は6月7日になります。「アペリティフ」とは食前酒のこと。フランスでは、アミューズと呼ばれる軽いおつまみを味わいながら、おしゃべりを楽しむ習慣があります。このすてきな習慣を世界に広げようというのが「アペリティフの日」の目的です。

こちらもおすすめ→ママたちが激ハマり! “止まらない”あまじょっぱい系菓子

「太りにくいおつまみ」なら安心して(?)食べられる!

ママたちも1日の疲れを労う食前の1杯、飲みたいのでは? そしてお酒だけでなくフランス流にいえば「アミューズ」=おいしいおつまみがあると最高ですね。市販の物を買ったり、自宅で作ったり、おつまみにもいろいろあると思いますが口コミサイト『ウィメンズパーク』でお気に入りの「おつまみ」について聞いてみました。

こちらもおすすめ→あなたの最高のビールのつまみを教えて!

まずは簡単に自宅で作れる「おつまみ」から。

「キャベツをザク切りにする。ポリ袋に入れて、塩昆布とサラダ油を入れる。振る。
以上!!キャベツこんぶです」

「アボカドを角切りにして、ツナを一缶そのまま入れて、キムチを食べやすい大きさに切って入れます。そして、塩コショウして食べます。
最高です(笑)」

「ざくぎりのアボカドに、塩昆布・なめたけ・梅干しを好きな分量入れて混ぜるだけです!
不思議な組み合わせに感じますが、これがまさかのマリアージュ!!!
是非試してもらいたいです!!」


市販のお菓子にも「おつまみ」として激推しの商品があるママも。

「ジャガビーのうすしお味と、堅あげポテトのブラックペッパー味は、常備しています。
3時のおやつにはもちろん、お酒のおつまみにもなります」

「私はマイクロポップコーンです。塩っ気もあり、あまり油っぽくないので、おつまみに一袋食べてしまいます」


体重を気にするママにうれしい!「太りにくいおつまみ」情報も。

「私の定番ツマミはスーパーのお刺身切り落としです。
サッパリしてるし、ポン酢で食べてるから低カロリー(!?)なはず!」

「ソイジャーキー!!大豆で作ったジャーキーです。スーパーで一袋170円くらいで売っています。
カロリーも1袋150キロカロリーくらいだったような…」

「おつまみのカロリーが気になるときは枝豆食べてますー!
個人的にはたくさん食べても罪悪感がない(笑)」

パパっとつくれるおつまみは夕飯の一品にもよさそう。作ってみたくなりますね。
(文・古川はる香)
関連:究極の時短料理!たった3行でできる簡単ごはん♪

■文中のコメントは
『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
夏場でも安心!おすすめ保冷弁当・グッズ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る