1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. サッカー・長友佑都選手の母に聞く「スポーツができる子」になる子育ての秘訣

サッカー・長友佑都選手の母に聞く「スポーツができる子」になる子育ての秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年に女優・タレントの平愛梨さんと結婚し、2018年2月に第一子・長男が誕生した、プロサッカー選手、日本代表の長友佑都さん。『ひよこクラブ』でのパパデビュー連載も好評ですが、世界で活躍する長友さんの原点、そしてこれからの子育ても気になりますよね。そこで、まずは長友さんの母・りえさんに幼少時代の思い出や子育ての秘訣について、お話を聞きました。

関連:この地で自分を高められるのは妻と息子のおかげ★長友佑都#たまひよデビュー vol.2

特別な教育はなし。子どものしたいことをさせた幼少期

↑ 家族写真。写真右端が長友選手です

「佑都は3人きょうだいの真ん中で、姉と弟がいます。きょうだい全員年が近いので、子どもたちが小さいころは、家事や子育てに追われる慌ただしい日々でしたね。そのころは、両親と同居をしていたのですが、近所の砂浜に子どもたちを連れて行ってくれるなど、よく子どもたちの遊び相手をしてくれていました。

子どもたちは、愛媛の本当に何もないような自然に囲まれて育ったので、基本的に体を動かすのが好きでしたね。とくに佑都は活発で、遊びに行けば泥だらけで帰ってくる、雨の日は家の中でボールを蹴って遊ぶような子でした。
さすがに、家の中でボールを蹴ったときは、『ここは危ないから、向こうで蹴って』と言いましたが(笑)、でも、頭ごなしに『やめなさい!』とか『ダメでしょ!』としかることはしませんでした。

子どものしたいことを十分にさせる、これがわが家のモットーだったので。教材を買ってきて勉強しなさい、と言ったこともないですし、特別な教育は何ひとつしていません。子育てにおいて『〇〇しなさい』とか、親が子どもに命令することはしないように、心がけていましたね。遊ぶことも勉強だと思っていたので、子どもの好きなことをさせて、自由に遊ばせていました」(りえさん)

この子は、プロになれる。サッカーひと筋の息子を信じた母

↑小学校入学当時、母・りえさんとの1枚。サッカーを本格的に始めたころ

「子どもが『やりたい!』と言うので、幼稚園から小学校4年生ごろまで、期間はそれぞれ異なりますが、水泳や習字、英会話、和太鼓など、いろいろ習い事をさせていたこともありました。

佑都は小学校一年生でサッカーを本格的に始めたのですが、そこからはもう、サッカーひと筋でしたね。ほかのことにはあまり目もくれず、気づけばサッカーの比重がどんどん大きくなっていて。

そんな佑都の姿を見て、私も親ばかなので『きっと、プロになれる』と信じて、応援していました。いい大学に入るとか、いい仕事に就くとか…そういうことよりも、何でもいいから一つ秀でるものがあれば、それでいいと思っていました。

まあ、ぼそっと『将来海外に行きたいなら、勉強もしておくと道が広がるよ』と言うことはありましたけどね(笑)。でも、口うるさく言わなくても、本人が気づいて勉強にも熱心になっていましたね」

育児はいつも「見守る」姿勢を徹底した

「親として気をつけていたことは、子どもの主張や意見をしっかり聞くようにしたこと。どんなに忙しくて手が離せないときでも、『わかった。後で聞くね』と約束して、聞くようにしていました。

一方で、こちらから『今日の試合、どうだった?』『どうしたの、大丈夫?』など、心配しているそぶりを見せたり、変に励ますことはしませんでした。親がどういう風に見ているかとか、親の目をプレッシャーに感じずに、のびのびやってほしくて。

わが家では、本当に困ったとき、辛いときは、子どものほうから相談してきます。だからそれまでは、見守るように。それは今でも変わっていなくて、基本的に私から佑都へサッカーの話題を振ることはありません。もちろん、たわいない話ややりとりはしますよ! 

息子の子育て、孫のことに関しても、基本的に見守るスタイルでいくつもりです(笑)。私からは口を出しません。息子のそばには、支えてくれる家族がいますからね。それに、今と昔で育児の常識も変わっていますしね(笑)」

子どもの才能を伸ばすための、かかわり方や考え方。子育てをしていて直面する大きなテーマでもあります。「でも、時代は変わっても、子を思う親の気持ちは一緒ですよね」と、りえさん。
子どもを信じて、そして支えること。親子の信頼関係の大切さを、あらためて感じたインタビューでした。『ひよこクラブ』2018年6月号(5月15日発売)でも、インタビュー記事が掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!(取材・文/ひよこクラブ編集部)


PROFILE●長友佑都さん
1986年生まれ、愛媛県西条市出身。プロサッカー選手、日本代表。現在、トルコのガラタサライ・スポル・クリュビュ所属。ディフェンダー及びミッドフィルダーとして活躍。2017年に女優・タレントの平愛梨さんと結婚、2018年2月に第一子・長男が誕生。
公式サイト:Yuto Nagatomo

■おすすめ記事
5児の父・つるの剛士さんが語る 子育ては夫婦が向き合うことが大切

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る