1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 恥ずかしすぎる!! “あれ”忘れてきちゃいました

恥ずかしすぎる!! “あれ”忘れてきちゃいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIphotography/gettyimages

ドイツの医学者がアルツハイマー病を発見

6月14日は「認知症予防の日」。
認知症の大きな原因であるアルツハイマー病を発見したドイツの医学者・精神科医アロイス・アルツハイマー博士の誕生日から、日本認知症予防学会が制定しました。
認知症は65才以上の10人に1人の割合で発症しているとも言われ、さらに増加が予想されています。また、高齢者が最もなりたくないと考えている病気の第1位でもあります。
各メディアなどでいろいろな予防法が紹介されているので、若いうちから予防に努めていきたいですね。

こちらもおすすめ→うっかりレベルMAX!こんな失敗あるある

私、こんなもの忘れてきちゃいました

65才以上でない子育てママ世代でも、気になるのが若年性のアルツハイマー。
「あれ、何を取りにいったんだっけ?」
「何しようとしたんだっけ?」
と、忘れっぽいことで不安になること多々ありますよね。
その多くは深刻な症状ではないようですが、口コミサイト『ウィメンズパーク』をのぞいてみると、みなさんいろいろなものを忘れてきているようです。

こちらもおすすめ→ワーママが知っておきたい!「産後ボケ」のこと

「今朝、いつも通りに仕事に出かけました。途中、ご近所さんにご挨拶。電車に乗り、コンビニに寄り、会社で普通に仕事。一息ついてトイレへ、そして鏡を見て凍りつきました! 私、化粧を忘れてました! 唇は白く病人…、何より眉がないのが辛い(泣)」

化粧の途中で他の用事をすると、化粧が終わった気になってしまうあるあるですね。

「ATMで夫の給料を下ろしてそのまま取り出すのを忘れました。翌日に、次の順番の方が警察に届けてくれたので戻ってきましたが、謝礼を払ったのが痛かった~」

「定期で改札に入って、用事のあるその先の駅まで乗り越し。精算しようとしたら財布がない! 結局、定期区間の駅まで戻って、目的の駅まで歩きました。疲れた~」

財布やお金を忘れるのは定番ですよね。

「家からバイト先まで徒歩20分。朝の通勤でサラリーマンやらOLさんとすれ違いつつ到着。すると職場のみんなから『エプロンしてどうしたの?』。聞かれるまで気付かなかった。恥ずかしかったです」

昔はエプロンして買い物をしていたおばさんいましたよね。

「パジャマを脱ぐの忘れました。なぜかパジャマの上からズボン履いてました」

まだ、エプロンでもパジャマでも、付けている系の忘れ物ならいいのですが…。

「ブラ、してくの忘れました。夫に連絡して持ってきてもらいました…」

「コートを着て出たものの、うっかりしてスカート履くの忘れたー! 家に急いで戻りました」

一歩間違えれば、変質者!?に間違えられます。

「ジムで一汗かいて、服を着ようとバッグを探りましたがパンツがない…。履いてきた下着は汗でびしょびしょ。幸いワンピース。覗き込まれなければ大丈夫かと、ノーパンで脱兎の如くコンビニに向かいパンツを買いました」

足りない系の忘れ物は、焦り度100倍ですね!
出掛けるときは、必ず鏡で全身チェックを忘れずに。
(文・井上裕紀子)

関連:子どもには言えない!? ママのやっちまったエピソード10選

■文中のコメントは
『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る