1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 初心者さんは秋からがおすすめ! "#ベランダ菜園"で採れたて野菜を味わおう♪

初心者さんは秋からがおすすめ! "#ベランダ菜園"で採れたて野菜を味わおう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家庭菜園に憧れたことはありませんか? おうちに広い庭があればいいけれど、都心に住むママたちにとって実現するのはなかなかむずかしいもの。そこでSNSで話題になっているのが"#ベランダ菜園"というハッシュタグ。自宅のベランダを菜園にしているという人が増えているんです。

インスタグラマーのTsuyoshi Nagamineさんも2年前から自宅のバルコニーで"ベランダ菜園"を始めました。野菜がひとつひとつ育っていくようすや、採れたて野菜をお皿に盛りつけた料理の写真がとってもきれい♡ プランターひとつで気軽に育てられる"ベランダ菜園"の魅力に迫ります!

アパート&マンション住まいのママ必見! 話題の"#ベランダ菜園"

“ベランダ菜園“をはじめるには、自宅のベランダにプランターや植木鉢を置くスペースさえあればOK! 多少日当たりが悪くても育てられる野菜はたくさんあります。「アパートやマンションに暮らしていて庭がない…」と諦めていた人にピッタリなんです。

2年前に“ベランダ菜園“を始めたTsuyoshi Nagamineさんは、広島で夫婦でレストランを経営。ベランダでは50種類の野菜や果物を育てています。ベランダ菜園を始めたのは、ご自身のお店で野菜を使用しようと思ったのがきっかけ。お店で出すため、スーパーなどにあまり出回らない珍しい品種の菜園にも挑戦しています。収穫した野菜や果物は味見も兼ねて、自宅での食事やまかないでも食べているのだとか。

初心者さんは春よりも秋からのスタートがおすすめ!

一般的には、夏野菜が育てやすいので春に植え始めるのが初心者向きと言われています。しかし、最近では夏野菜のトマト、なす、きゅうりなどが秋野菜の苗としてホームセンターなどに並んでいます。また、春夏は気温が高くて枯らしてしまうという人も多いそうですが、秋は比較的に気温が低く、また病害虫被害が少ないと言われています。なので初心者さんは秋からベランダ菜園をスタートさせるのがおすすめ♪

秋からベランダ菜園でTsuyoshi Nagamineさんがおすすめする野菜は、「ラデッシュ」や「しゅんぎく」「ほうれん草」「ルッコラ」などの“葉物野菜”。そして、季節に関係なくおすすめなのは、意外にも「トマト」や「きゅうり」「なす」などの夏野菜なのだとか! 接ぎ木苗を使えば、病気に強く比較的かんたんに育てられるとのこと。Tsuyoshi Nagamineさんが接ぎ木で育てたミニトマト、なすは両方ともまったく病気にならず、無事に収穫できたそうです。

また、初心者さんにもっともおすすめなのは“ハーブ”! ハーブは、ほかの野菜よりも病気や害虫に強い品種が多く、育てやすいのだとか。とくに「ローズマリー」「タイム」「ミント」などは手間もかからず、とても強く、滅多に病気になったりしないそうです。自宅で育てて収穫したハーブを料理に添えれば、いつもと違う華やかな雰囲気のひと皿になりますよね。

Tsuyoshi Nagamineさんは年間とおしてベランダで野菜を育てています。夏場は毎朝水やりをして、暑い日が続くようなら夕方も少し水やり。逆に冬場に雨が続いたときには、1カ月以上水やりしないこともあるのだとか。土の再生作業など、時間のかかることはお店の定休日にまとめて行っているそうです。

子どもの食育にもおすすめな家庭菜園

おうちで野菜を育てることは子どもの食育にも◎。自分の手で植えた種が苗に成長し、実を収穫して食べるまで…、子どもたちにとってすべて貴重な体験となります。一緒に育てた野菜を料理すれば、好き嫌いも克服できるかも?!

写真はTsuyoshi Nagamineさんが収穫した野菜を使ったサラダ。3種類の「トマト」をはじめ「きゅうり」「ズッキーニ」「ルッコラ」「バジル」などなど…目にも鮮やかな野菜がお皿にきれいに並びます。なかには「食用ほおずき」「竜馬なす」「ムスクマロウ」などの珍しい野菜も! これらもすべて“ベランダ菜園”で収穫したのだとか。

スーパーに出回らない珍しい作物を育てられるのも、家庭菜園の魅力だと話してくれたTsuyoshi Nagamineさん。傷みやすく市場に流通させることができない「いちじく」や「ワイルドストロベリー」を、じっくり完熟させて食べることができるのは家庭菜園の醍醐味。育てた野菜の味や鮮度の違いを実感するきっかけにもなったそうです。

自分で育てた野菜を収穫して食べるよろこびは格別! 「育てられる自信がない…」というかたは、初心者でもかんたんに育てられる“葉物野菜”や“ハーブ”などからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。摂れたての野菜を料理に添えれば、いつもと違う特別な食卓を演出してくれるはずです♪

インスタグラマー Tsuyoshi Nagamine(@megane.no.nikki)
広島で夫婦でレストランを経営。インスタグラムに“ベランダ菜園”のようすや、その菜園で採れた新鮮な野菜を使った料理の写真をアップ。ていねいな暮らしが垣間見えるインスタグラムは男女問わずファンが多い。
https://www.instagram.com/megane.no.nikki/

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る