1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 恥かきました~!読み間違いあるある

恥かきました~!読み間違いあるある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIphotography/gettyimages

平安時代の厄払い行事

6月16日は「和菓子の日」。
西暦848年の平安時代。日本では疫病がはやっていたため、当時の天皇が6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康をお祈りしました。厄を払って福を招くこの行事は、室町~江戸時代くらいまで盛んに行われていました。
豊臣秀吉が恒例行事として祝っていたという記録もあるそうです。この行事を由来に、和菓子の日が制定されました。

こちらもおすすめ→お誕生日のケーキ、ホール派? カット派?

おいしい最中=おいしい、さいちゅう??

和菓子には季節を感じさせるものも多く、その名前も風情や赴きがあります。
たとえば、雪の下から新芽が萌え出る様子を表現した「芽吹き」、11月には茶色に白い粉糖を振った「初霜」などなど。
そんな和菓子の名前ですが、昔から伝わっていることもあり、どう読めばいいのかわからないものが多々あります。
その代表的なのが「最中」。さいちゅうと読んでしまった人もいるのではないでしょうか?
口コミサイト『ウィメンズパーク』でも、間違えて読んで恥ずかしい思いをしているママや、子どものおもしろい読み間違いが並んでいました。

こちらもおすすめ→人には言えない! ママ友にも秘密にしている「隠れた趣味」とは?

「娘がスーパーで『お正月に食べ過ぎたから、“だんしょく”した方がいいかも』と。男色? なぜ男色?とビックリしましたが、断食の事でした。周りのおばさまに笑われてしまいました」

「チラシの求人募集を見た息子、『オネエを募集してるよ』。男女募集中でした。おとこおんなと、読んだらしい(笑)」

「幼稚園の息子がテレビの教育番組を観ていて『小学生なまものって何?』と。 “小学生、生物(せいぶつ)”と書いてありました」


確かに小学生はなまものですが(笑)。

「子どもが『“だいにんきない”ってなに?』と聞いてきて、???。正解は“大人気ない(おとなげない)”でした」


言われて気付きましたが、だいにんき と おとなげ って同じ字なんですね。

「中3の娘が『友だちの履いてるニケの靴、買って~』。はい、NIKE(ナイキ)のことです。友達の前で言わなくてよかったね、と思う母でした」

大丈夫! ナイキが日本に上陸した頃は、そう読んでしまった大人がとてもたくさんいましたよ。

大人だって間違えます(恥)


「天気予報を見て、私が『明日はさむけが強いんだって』と何の疑いもなしに言うと『えっ?ママ、マジで言ってんの? それ、カンキやし…』と呆れられました」

「『ねぇ、“こまめ”って何の豆かな?』と主人に言うと、『いや、あずきやから…、恥ずかしいから大声で言うのやめて…』と言われましたぁ(汗)」

「英語のテスト用紙のnameの欄。『おお、“なめー”かあ、先生、江戸っ子かい?』と思ってたら“ネーム”だったよ…。テストの結果は、推して測るべし(泣)」

「“愛猫”を“あいねこ”と読んでました。正しくは“あいびょう”ですよね。人前で口にしなかったのが唯一の救いです」


ゲッ! 知りませんでした!

「まだマルイが東京にしかない頃、上京してマルイを探していたんですが、『オイオイならあるけどマルイはないなぁ』とすっとぼけたことを友だちに言ったら目の前に。OIOIをオイオイって読んでました」


上京あるあるですね。

カタカナの“ロ”ってまぎらわしい!

口(くち)を、カタカナのロと混乱するパターンも。

「三代目J Soul Brothersの関口メンディーを“せき ろめんでぃー”と読んでました~」

「お菓子を勝手に開けて食べていた息子を注意すると『だって あけロ(あけろ!)って書いてあるから!』と逆ギレ。いや、あけ口(あけくち)なんだけどね。4歳にして確信犯です」

「ある日、駐車場から車を出す際、誘導表示に従っていたときのこと。
私『ねー、この駐車場なんで命令口調なわけ? 感じ悪っ』
夫『は?』
私『出口(でろ)って書いてある』
夫『……出口でしょ』
夫には呆れられ、私はツボにはまってしばらく笑いが止まらなかったです」

コントか!?

「ハガキが来て、担当者の名前を見たらシエロさん? 外人か? 江口さんでした」
「髪染め液のシエロありますよね。売り出し広告を見て“江口”と読んでいました」

「鶏肉のパッケージ。“モモ一口”(ももひとくち)を、“モモ―ロ”(ももーろ)と読んで、ずっと新種の鶏肉かと思っていました」


日本語って難しい。
読み方に自信のないときは、声に出して言わないようにしないといけませんね。特に、子どもの前では。
(文・井上裕紀子)

関連:「わかる~」と、思わず納得!ママたちの美容院あるある

■文中のコメントは
『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
こんなにいるの?! 「二番目に好きな人と結婚しました」ママ禁断の質問!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事