1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. <PR>夏の親子旅①子ども連れにやさしい♪星野リゾートのおもてなし【in青森】

<PR>夏の親子旅①子ども連れにやさしい♪星野リゾートのおもてなし【in青森】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の親子旅①子ども連れにやさしい♪星野リゾートのおもてなし【in青森】

東北新幹線が開通し、都内から約3時間! アクセスが便利になった青森は親子旅の注目エリア。夏には、東北三大祭りの一つ、青森ねぶた祭を筆頭に全部で4つの大きな祭りがあり、十和田湖や奥入瀬(おいらせ)渓流など自然も豊か。新鮮な山の幸・海の幸も味わえ、酸ヶ湯(すかゆ)温泉など上質な温泉もあるので、親子旅はもちろん、3世代旅にも!今回は、子ども連れにやさしいと評判の「星野リゾート 青森屋」を取材してきました!

<イベント盛りだくさん♪青森四大祭りに参加しよう!>

食べて、踊って青森の夏祭り全部を疑似体験

食べて、踊って青森の夏祭り全部を疑似体験

お祭りは見てみたいけれど、子ども連れで混雑したエリアに行くのはなかなか大変…そんな子育て世帯にイチオシなのが、青森の郷土料理をいただきながらステージで津軽三味線や民謡、青森のお祭りが体験できるショーレストラン「みちのく祭りや」。お祭り気分を高めるという意味を込めた“お祭り前夜菜”に始まり、五段にもなるセイロが出てくると、にぎにぎしさは絶好調! 青森の郷土料理、せんべい汁はおかわり自由。食事が落ち着いてくると、ホール内は一気にお祭り会場に。軽快なお囃子(はやし)と「ラッセラー、ラッセラー」の声で跳びはねる跳人(はねと)、それに合わせて大きなねぶたが会場内をぐるぐると回ります。最後には、会場の宿泊者も参加して舞い踊るという盛り上がりを味わえます。

子どもも大喜び♪「しがっこ金魚まつり」で遊ぼう

子どもも大喜び♪「しがっこ金魚まつり」で遊ぼう

青森屋では、年4回、季節ごとにテーマがあります。夏は「金魚ねぷた」をテーマにした「しがっこ金魚まつり」を毎日開催。圧巻なのは、真っ赤で大きな尾ひれの金魚ねぷた灯篭(とうろう)を450個以上使った回廊。さらに、お気に入りの金魚鉢を部屋に持っていくことができる「貸し金魚」や、「貸し金魚灯篭」での公園散策もおすすめ。レストランでは、夏の限定メニュー「金魚ねぷたアイス」「冷(しゃ)っこい金魚ねぷたラーメン」も。どちらも金魚ねぷたを模したメニューになっています。

世界一のすこっぷ三味線は大迫力のエンタテインメント

世界一のすこっぷ三味線は大迫力のエンタテインメント

昔ながらの横丁をイメージさせるじゃわめぐ広場と呼ばれるフロアは、宿泊者たちが自由に行き来して楽しめる場所です。そこで1日1回行われるのが「じゃわめぐショー」。青森屋のスタッフが、なんと雪かき用のスコップと栓抜きを使って音楽を奏でます。簡単そうに見えてなかなか技術がいるこの演目、実は青森屋は世界一の称号を持っているとのこと。
タイミングと指の動かし方などを基準に評価されるそうです。ショーの中盤ではすこっぷ三味線演奏に参加することができるので、親子で共演してみるのはいかがでしょう?

<青森の文化、自然に触れるならここ!>

金魚ねぷたの色付けほか郷土玩具の色付け体験に挑戦!

金魚ねぷたの色付けほか郷土玩具の色付け体験に挑戦!

青森の思い出を持って帰るなら、「あおもり工房」の色付けや絵付け体験がおすすめ。夏休み期間中は金魚ねぷたの色付け体験ができるので、親子で協力しながらオリジナルの金魚ねぷたを作ってみては。塗り絵感覚で好きな色を塗ったあと、ひらひらとしたひれをつけたら完成! とっても簡単な作業で、5才から体験することができます。もう少し小さい子ども向けには、ほたて貝の絵付け体験があります。青森の特産品であるほたて貝の貝殻に好きな絵を描くと、その場でキーホルダーにしてもらえます。こちらは、3才から参加可能です。

アクティブ体験なら魚っこ釣り!

アクティブ体験なら魚っこ釣り!

青森の自然に触れて体験したい!というファミリーには夏休み限定の魚っこ釣りをご提案。青森屋が誇る約22万坪の敷地内の池にはコイの稚魚やフナ、モロコなどが生息していて、釣りガイドがついてサポートしてくれます。体験中は釣った魚の生態や自然環境についても教えてくれるので、子どもの好奇心もどんどんわいてくることでしょう。意外とパパが真剣になっている、なんてことも? こちらは、各回10組で予約が必要なので、希望の方はお早目に。

「行くぜ、東北。」キャンペーンサイトでチェック!
http://ikuze-tohoku.jp/ikuze2018-summer/?utm_source=banner&utm_medium=paid&utm_campaign=tamahiyo

<子ども連れにやさしいおもてなし!帰るころには青森ファンに>

遊び疲れたら家族で一緒に足湯でゆっくり

遊び疲れたら家族で一緒に足湯でゆっくり

広大な公園の全体が見渡せる絶景のポイントに足湯スポットがあります。魚っこ釣りで遊んだ帰りに、公園を散歩してちょっとひと息、というときに家族でゆっくりと足湯につかってひと休み。足湯のお湯は館内のおふろと同じ温泉をひいているので、そのうち体がぽかぽかしてくるはず。

大きな荷物はポニーポーターが運びます。子ども用の浴衣も

大きな荷物はポニーポーターが運びます。子ども用の浴衣も

チェックイン時の14~17時はポニーが宿泊者の荷物を玄関先まで運んでくれます。赤ちゃんがいるファミリーは荷物がかさばることも多いので、このサービスはうれしいですね。ポニーが荷物をゆっくり運びながら歩く姿はとってもキュート! また、館内では各部屋に用意されている作務衣か有料でお好みの浴衣が選べます(「みちのく祭りや」の利用があれば無料サービス)。もちろん子ども用も多数そろえているのでお祭り気分を盛り上げるために試着してみては。


青森の文化が体験できるテーマパーク、「星野リゾート 青森屋」のイベントは四季によって変わります。年齢を問わず楽しめるイベントと極上のおもてなしを体験し、帰るころには、すべての季節のイベントを制覇したくなること間違いなし! 家族みんなで青森LOVEになって宿をあとにすることでしょう。

「びゅう 夏休み特集」でチェック
https://www.eki-net.com/travel/summer/

「星野リゾート 青森屋」アクセス
東京駅(東北新幹線「はやぶさ」)⇒八戸駅(無料送迎バス<要予約>)⇒星野リゾート 青森屋
東京駅(東北新幹線「はやぶさ」)⇒八戸駅(青い森鉄道)⇒三沢駅(無料送迎バス)⇒星野リゾート 青森屋

他県の親子旅おすすめスポットもチェック!「行くぜ、東北。親子旅」はこちら!>

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る