1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. <PR>夏の親子旅②日本海の生き物と触れ合える&海で一日遊べる!絶景水族館【in秋田】

<PR>夏の親子旅②日本海の生き物と触れ合える&海で一日遊べる!絶景水族館【in秋田】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の親子旅②日本海の生き物と触れ合える&海で一日遊べる!絶景水族館【in秋田】

秋田といえば、男鹿(おが)のなまはげ、世界自然遺産に登録されている白神(しらかみ)山地、竿燈(かんとう)まつり、大曲(おおまがり)の花火、最近話題の秋田犬などが有名ですね。雪国のイメージが強いですが、実は、夏ならではのイベントも盛りだくさん! また、県が推進する「こどものえき」設置事業により、おむつ替えや授乳スペースなどの整備が進み、親子旅にもおすすめ。中でも、子ども連れにやさしいと評判の「男鹿水族館GAO」を取材してきました!

<水量約800tの巨大水槽で日本海の生き物をじっくり観察しよう>

<水量約800tの巨大水槽で日本海の生き物をじっくり観察しよう>

400種1万点の生き物たちを展示している「男鹿水族館GAO」は、国内外随一といわれるほどの大きな水族館です。まず館内に入って驚くのは、水量約800tの巨大水槽。建物の目の前に広がる男鹿の海に生息している魚たちの世界がそのまま再現されているので、見ごたえがあります。夏なら、館内を見学したあと、そのまま海へ下りて、磯遊びをしたり、水族館で見た生き物たちを探したり、遊覧船に乗って日本海を周遊することもできる一日大満喫のスポットです。

館内いちばん人気のホッキョクグマ豪太は見逃せない!

館内いちばん人気のホッキョクグマ豪太は見逃せない!

館内でいちばんの人気を誇るのが「ホッキョクグマの豪太(ごうた)」。大きな体をゆっさゆっさと揺らしながら歩く姿を見ると、子どもたちはもちろん、大人も童心に帰った気分で楽しめます。1日1回のエサの時間は、愛嬌たっぷりの姿を見ることができる貴重な時間なのでお見逃しなく。豪太のほかにもエサの時間を見ることができるのは、「ゴマフアザラシ」「カリフォルニアアシカ」「ペンギン」など。また、土・日・祝日には、ダイバーが潜水して魚たちにエサを与える「魚っ知(うおっち)ダイブ」も。水中マイクを使ったダイバーの解説を聞いて海の生き物について学ぶという貴重な体験ができます。

スタッフのアイデアが光る企画や展示でより楽しめる♪

スタッフのアイデアが光る企画や展示でより楽しめる♪

館内に展示されているポスターや紹介コメントはすべてスタッフの手作り。子どもの目の高さを意識した展示物やふりがな入りのコメントなど、子どもから大人までみんなが楽しく過ごすためのしかけがいっぱい。中でもオリジナリティーあふれるのが「タッチプール」エリア。ここでは、実際にサザエやナマコ、ヒトデなどに直接、触ることができます。またはく製が多く展示されているところも見どころ。もちろんタッチOKなので、子どもたちの興味が倍増すること間違いなし!

<赤ちゃんがいても安心のサービスそろってます>

家族でお出かけしたいけど、赤ちゃんと一緒だと大変そうだから…と心配なママに朗報!「男鹿水族館GAO」は、秋田県が推進する「こどものえき」「あかちゃんのえき」に認定されているだけあって、子ども連れにやさしいポイントがいっぱい。

オーシャンビューで楽しめる絶景レストラン

オーシャンビューで楽しめる絶景レストラン

おなかがすいたら、男鹿の海を眺めながら食べられる眺望抜群のレストランへ。ファンが多いというメニューは「ホットケーキ~バニラアイス添え~」(550円 税込)。ホッキョクグマの豪太のかわいい焼き印が押された厚手のホットケーキとホッキョクグマをイメージしたバニラアイスがとってもキュート。ドリンクバーつきなのでかなりのお得感を得られるはず♪ そのほか、限定の海鮮丼や旬の魚を使った定食など家族みんなで味わえます!

全館バリアフリーでベビーカーの貸し出しも

全館バリアフリーでベビーカーの貸し出しも

水族館は3階までありますが、全館バリアフリー。ベビーカーを使っているファミリーはもちろん、おばあちゃんやおじいちゃんと3世代でも楽しめます。また、授乳室完備で粉ミルク調乳用のお湯の用意もあります。おむつ交換台がある多目的トイレ、ベビーカーの無料貸し出しサービスも行っているので、赤ちゃんがいるファミリーも安心して訪れることができますね。

「行くぜ、東北。」キャンペーンサイトでチェック!
http://ikuze-tohoku.jp/ikuze2018-summer/?utm_source=banner&utm_medium=paid&utm_campaign=tamahiyo

【速報!】今年の夏の企画展テーマは「高校野球」!

【速報!】今年の夏の企画展テーマは「高校野球」!

7/7~8/26の夏期特別企画展では、なんと!海の生き物と高校野球がマッチング! 海とグラウンド上でのスポーツがどうやってマッチングできるの?とお思いの方もいると思います。グラウンド整備をするような動きをする魚を展示したり、群れで動く魚を“チーム一丸”として展示したり…。「男鹿水族館GAO」が“GAO球場”になって、この夏&高校野球を盛り上げるようなので、家族みんなで“海の野球観戦”に行ってみましょう。

大人気!アザラシに直接エサをやれる企画も♪

大人気!アザラシに直接エサをやれる企画も♪

夏休み期間限定で、触れ合いイベントも開催予定。ゴマフアザラシのエサやりを子どもたちが実際に体験! 飼育員になったつもりで水槽に入り、アザラシたちの息づかいを間近に感じることができます。毎年大好評のイベントなので、こちらも要チェックです(年齢制限あり)。また、小学3年生からの参加になりますが、今年で4回目になる宿泊イベント「GAOに泊まろう!」も開催します。海の生き物たちの夜の姿を見られるかも。夏休みに開催される特別企画はほかにもイベント盛りだくさん! GAOで夏の思い出をつくってみませんか。

「びゅう 夏休み特集」でチェック
https://www.eki-net.com/travel/summer/

「男鹿水族館GAO」アクセス
東京駅(秋田新幹線「こまち」)⇒秋田駅(JR男鹿線)⇒男鹿駅(男鹿半島あいのりタクシー なまはげシャトル<要予約>)⇒男鹿水族館GAO
※2018年7~10月の土・休日、お盆を中心とした49日間「なまはげシャトルバス(定員制)」運行。
運行区間:男鹿駅→真山エリア→男鹿温泉→男鹿水族館GAO→入道崎

他県の親子旅おすすめスポットもチェック!「行くぜ、東北。親子旅」はこちら!>

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る