1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 無駄なお金を使わないためにどうしたらいい?【節約のための4つのポイント】

無駄なお金を使わないためにどうしたらいい?【節約のための4つのポイント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dolgachov/gettyimages

子どもの教育費を少しでも貯めておきたい、人生100年時代なんていわれるようになって、長い老後も困らない資金を蓄えたい…
だから貯金をしたいのだけれど、なかなかそれができない…

口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちはいろいろな工夫をしているようです!
今回はママたちの節約のための工夫をご紹介します。

こちらもおすすめ→節約より絶対貯まる! ムダを減らしてお金を増やす、毎日の小さな習慣

【ポイント①】予算を決めて、先取り貯金

貯金ができているママは、計画的にお金の使い道を決めて、貯金額も決めているようです。

1週間の食費として決めた金額しか財布に入れない

私は、1週間の食費の予算を決め、使える分しか財布に入れません。クレジットカードだと使えない方法ですけどね。使い過ぎてしまうなら、現金支払いをおすすめします。

用途ごとに口座を作り、使い分ける

口座は、最低でも、3つ。
1、生活費用(毎月の光熱費や、食費)
2、プール金用(年間出費、臨時出費のプール)
3、貯金用

給料が入ったら、すぐに、それぞれの口座に振り分け。3の口座は、目的以外では、使わない。基本1の口座でやりくり、使い切っても、マイナスにならなれば、OK。残れば、ラッキー。2の口座から、使う時は、よく考えてからにしています。

固定費を減らすことができないか見直す

固定費も、プランなど見直す必要がある時は、見直すことです。

生活費を1000円札で引き出す

給料日前に、予算をあらかじめ設定しておいて、生活費を1回で全部1000円札で引き出して袋分けして使う。現金で買い物していると、かごに入れるのも考えて買うようになりますし、1回の買い物にうちはどれくらい使っているのか?って、1000円札を見てわかるようになります。同じ3000円で、どのくらい買えるのか?ってゲーム感覚で面白いです。

【ポイント②】甘い考えは捨てて、意識改革!

節約しなきゃと思っていても、「きっとなんとかなるはず」なんて甘い考えが湧いてくるものですよね。そんな気持ちを払拭するために、自分の気持ちを節約に向ける工夫をしているママもいるようです。

将来必要な資金をザックリ計算すると焦る!

ザックリですが、よくいう老後資金3000万。大学費用一人500万(仕送りだと一人1000万)。定年後に残っているローン残高。これを全部足して現在の貯蓄額を引き。
夫の定年までの年数で割ると必要年間貯蓄額がでます。(スーパーザックリですが)
まあ平均以上の収入と将来を見据え、もともと堅実な生活をされている人以外は、結構それを弾き出すと焦るんじゃないかなーと思うんですよね。
その焦りが財布のひもを締めてくれます。

断捨離することで、物欲が消える

家中断捨離したら物欲が消えました。すっきりさせた部屋に無駄なものを持ち込みたくない、増やしたくない。イコール、買わないに。
私の「お金を使わない」意識は、「モノを増やさない」意識です。

こだわりを捨てる

我が家の場合、外食にしても、ごくたまにはお店選びにこだわって、高くても美味しいものを食べに行くこともありますが、普段は家族3人で1500円の予算で食べられる、安さ重視の店に行きます。それでも何の不満もないどころか、なんてコスパが良いのだろう!と思うばかりです。

【ポイント③】誘惑を遮断

無駄なお金を使わないために、誘惑を遮断する方法は「出かけないこと」のようです。かなりストイックなワザを実践しているママもいるようです。

出かけない。財布を持たない。お金を入れない。

一番は出かけないこと。そして財布を持たないことに尽きると思います。
出かける時、クレジットカードは入れない。予算を組んで、必要なもの以外は買えないように余分なお金は入れないようにしています。

冷蔵庫の中身がなくなるまで次の食材を買いに行かない。

やっぱり、外に出ないのが一番簡単。家にある買い置きだけでも、結構暮らせるものです。冷蔵庫の中がすっきりするまで、次は買わないようにすると、食材の無駄がなくなります。

【ポイント④】ご褒美も必要!

節約ばかりでは、ストレスが溜まってしまいますよね。節約のためにご褒美も必要、という口コミもありました。

多少の出費はあってもご褒美を設定する

なにかご褒美的なものがないと私はきっと続けていけないので、ご褒美を設定しています。それは物であったり時間であったりしますが、いずれもお金はかかります。

レジャーの時は財布のひもを緩める

うちは、お出かけ(レジャーの場合)と決めたら、財布のひもは緩めます。メリハリが大事かなと・・。

あまりに辛い思いをして節約しても長くは続かないということでしょうか。自分でできる節約法で、楽しく節約できたら、貯金もできて一石二鳥ですね。
(文・武田さくら)

関連:貯蓄がスイスイ進む、「3口座」家計管理術!

■文中のコメントは
『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
<PR>“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事