1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 誰か助けて~! 私○○難民です

誰か助けて~! 私○○難民です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Natnan Srisuwan/gettyimages

アフリカ難民条約が発効された日

6月20日は「世界難民の日(World Refugee Day)」。
1974年(昭和49年)のこの日、「アフリカ統一機構難民条約」が発効したことから「アフリカ難民の日」が制定されました。
しかし、アフリカに限らず、世界各地で難民問題が深刻になっています。そこで、国連が2000年(平成12年)12月に、それまでの「アフリカ難民の日」を改称して「世界難民の日」に制定しました。

こちらもおすすめ→国旗、地図、地理好きな子どもに育てるには?

私、○○難民です

アフリカ、欧州で深刻化している難民問題。日本国内では、まだそれほど難民の余波はきていないようですが、難民問題を他国の話と思わず、耳を傾けることも必要ですよね。
そんな平穏な日本ですが、口コミサイト『ウィメンズパーク』でもプチ難民がちらほら。
難民といっても、行き付く場所がなくなり途方に暮れていたり、探しているものが見つからずさまよっている的な難民ですが。

こちらもおすすめ→あれ!?いつの間に!?最近「値上がりした」と感じるモノ

「小5の母です。中学受験を考え始めています。調べると、評判の塾は小3には埋まり、ほどほどの塾でも小4からいっぱいに。中途半端な塾に入れてもどうかと。塾難民になる前に、もっと早く動いていればよかった…」


小学校受験も、中学受験も、受験する子の多い地域では、人気塾はすぐに定員オーバーになってしまいますよね。

「美容院難民です…。成人式は2年も先なのに、美容院は予約でいっぱい。着物業者が押さえてしまっているとか? このままだと振袖難民にもなりそうで焦っています」


塾や着物レンタルなど、早めに動いておかないと危険、危険。

「ボトムス難民です。年齢とともに下半身がむっちりしているので、スキニーもイマイチ。子どもが小さいのでスカートには手が出せない。むっちりでも似合いボトムス求む!」

「ジーンズは楽で好きなのだけど、体重増加で普通丈のトップスでスキニー履く勇気がありません。最近流行りのペンシルっぽいパンツももんぺにしか見えない…。完全にデニム難民です(ノД`)」

「現在妊娠中の初マタです! もともとHカップの巨乳で、妊娠でさらに2サイズアップ!マタニティブラでも小さいのしかなく、どれもはみ出ちゃう(泣)。仕方なくさらしを巻いているブラ難民です」


体型の変化と共に、何を着ればいいのか迷い、さまようお年頃です。

「香りのきつい柔軟剤が苦手なのに、最近のは香りの強いものが多くて、柔軟剤難民状態です」

「生理用品のウィスパーをずっと愛用していたのに、最近どこのドラッグストアでも売ってない。ネットで調べると生産終了!?  30年近く愛用し続け、浮気をするなんて考えられない。ストックがなくなったらナプキン難民です…」


お気に入りの商品が手に入らなくなると途方に暮れてしまいます。

新入学や転勤時期によく聞くのが引っ越し難民。

「テレビで他人事と思っていたら、いざ電話したところ、予約いっぱいで受付自体をしていないと言われ、3月末の引越しは絶望的。子どもの学校のこともあり、しばらくは身のまわりの荷物だけ持って仮住まいでした」


○○難民にならないように、早めに情報を集める、早めに予約を入れる、お目当ての商品は店頭から消える前に早めにストックですね。
難民回避の秘訣は、“早め、早め”がポイントですね。
(文・井上裕紀子)

関連:[10年ぶりに妊娠しました#26] こんなハズでは…。産後のカラダ

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
生年月日・出生体重があやふや…!大家族あるあるが半端ない!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事