1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 二重、鼻筋…。やっぱり気になるプチ整形

二重、鼻筋…。やっぱり気になるプチ整形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DragonImages/gettyimages

「お(0)な(7)お(0)し(4)」でお直しの日

7月4日は、「お(0)」「な(7)」「お(0)」「し(4)」の語呂合わせから「ファッションお直しの日」。
「お直し」によって大切な洋服や靴をいつまでも大事にする心を広めることが目的に、アパレルのファッションリフォーム、リペアサービスなどを手がけるリフォームスタジオが制定しました。

こちらもおすすめ→お忘れでない?「結婚指輪」のメンテナンス。ついでに夫婦関係のメンテも!?

プチ整形って、やっぱりバレる?

年齢とともに代謝が落ち、太りやすくなってきます。去年着ていたお気に入りのお洋服が「入らない~!」。そんなときはリフォームのお直しでウエストちょい足しで復活。
そんなお洋服のリフォームと同様に、年々深刻になってくるお顔の“お直し”もしたいものです。
シミ、シワ、たるみ、くすみ…。さらに、パッチリ二重に、お鼻ももう少し高くできたらいいなぁ。
韓国美女のような大掛かりな整形とまではいかなくても、プチ整形には興味あります。
口コミサイト『ウィメンズパーク』では、ガッツリ整形はいないものの、二重にするプチ整形をしようかどうか迷っている人がたくさんいました。
ただ、まわりの人にバレたら嫌だというのがネックになっているようです。

こちらもおすすめ→警告! イタイおばさんになってませんか?

「数週間限定で休職して、二重の手術をしたいなと思っています。ですが、夫にはどうしても言いにくいです。腫れたり、内出血すれば怪しいですよね」

「『いつの間にか二重になっていた』と言うのが一般的で、わざわざ整形したなんてリアルにカミングアウトをする人はいないでしょうけど、バレないタイミングを探りたい」


実際に二重の手術をしたプチ整形済みの人は、どうしていたでしょう?

「夫には毎日スッピンを見られているので『最近運動始めたから顔が痩せて二重になったのかなー』と、とぼけちゃいました。夫って、意外と細かいとこまで見てないんですよね」

「手術する1ヶ月前から毎日黒縁メガネ生活。さらに、前髪も目元ギリギリな長さのパッツン。事前に計画して、術後のカモフラージュのためにそうしていました」

「二重手術では物足りなくなって、目頭切開しました。術後の腫れはあるけど、花粉症で目がかゆいとか言って眼帯でごまかせました。花粉症の時期が狙い目です」

「内緒で両目切開したけど、夫にバレてません。パンパンに腫れて、内出血もしたけど、術後1週間しないうち両親にもスッピンで会いましたが、誰も気が付かず。バレないままあっという間に1ヶ月です」

「目頭切開はバレたけど、埋没法ならダウンタイムも短いし、内出血のリスクも浅いからごまかせました」

「友人の二人が埋没法をしたけど、正直、ほとんど分からなかったです。マツエクしたり、ライン引く方がよっぽど変わりますよ」

「プチ整形した人がまわりにもたくさんいるので、腫れは気にしませんでした。あまり気にせずしてもいいのでは?」


事前に前髪を伸ばす、コンタクトをやめてメガネにしておくなど、前振りは名案ですね。
でも、二重手術は比較的メジャーになっているので「二重にしてみた~」と、軽くカミングアウトしちゃっても、あり?
(文・井上裕紀子)

関連:お疲れママの肌を再生!美容マニアもリピートするコスパ最高のシートパック8選

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
自撮り、ポエム、自作小説…恥ずかしくて人に言えない!!ママたちの黒歴史

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事