1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 雨の日も夏レジャーにも大活躍!親子で履きたいナイキ「エアリフト」

雨の日も夏レジャーにも大活躍!親子で履きたいナイキ「エアリフト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


90年代に発売され、人気を博したナイキのエアリフト。サンダルとスニーカーを融合させたようなデザインで、ハイテクっぽいソールと革新的なアッパーデザインがモードかわいい、さらに軽くて履きやすい!と今なおおしゃれさんたちから熱い視線を注がれています。
水を弾き、通気性を高める素材が使われていて、とにかく快適!一度履いたらやめられないとのこと。スニーカーらしからぬデザインも、いろんなコーデに対応できて使いやすいと、キッズのデイリーシューズとして買い求める方も多いそう。
今回は、エアリフトのおしゃれコーデをSNSからチョイスしました。

関連:キッズでも流行!この夏はクリアバッグがアツい♪

ガーリーコーデにも良く似合う♡

ロングスカートやワンピースなどのガーリーアイテムの足元はスニーカーでハズして、といっても「なかなかしっくりこない」と思っていたかたに朗報。
エアリフトはメリージェーンのようなストラップデザインだから、ワンピースやスカートのコーデにぴったりなんです。アウトドアシーンだけでなく、タウンユースもいけちゃうエアリフト、頼もしいですね。

★チェックのロンスカに黒のエアリフトがぴったり

出典:WEAR

姉妹でおそろが可愛い、エアリフトのコーディネート。涼しげなチェックのスカートにも違和感なく似合う、マルチなコーデ力が嬉しいですね。

★赤ワンピに効かせた黒のボーイズ小物がおしゃれ

出典:ZOZOTOWN

ガーリーな赤いカットソーワンピを、黒のキャップとリュック、エアリフトで仕上げた甘辛コーデは大人顔負けのおしゃれ度。逆に女の子っぽさが際立つボーイズライクな小物合わせは、色々なコーデに応用できますね。

★カラーロングスカートを元気に着こなすエアリフト

出典:ZOZOTOWN

今季トレンドのカラーロングスカートを、ロゴTとエアリフトでカジュアルに着こなしたコーデ。子どもといっぱい遊びたいデイリーコーデとしても是非取り入れたいスタイルですね。

モノトーンでまとめるとおしゃれ度超アップ!

エアリフトの中でも人気の、ホワイトとブラック。全身をモノトーンでまとめたおしゃれなコーデが目を引きました。
カジュアルアイテム同士でも、色味を抑えることでグッと大人っぽく洗練されたスタイルになります。

★ロゴTとリンクさせた大人のスポーティコーデ

出典:WEAR

ユニクロのワイドパンツにナイキのロゴT、キャップにリュックにエアリフトのスポーティカジュアル。モノトーンに統一することで、グッと大人っぽくなります。髪をアップにしたり、存在感のあるフープピアスを選んで、女度をキープすることもお忘れなく。

★キッズもアスレジャースタイルでおしゃれにキメる

出典:ZOZOTOWN

大人サイズのカットソーをワンピのように着こなした、おしゃれキッズコーデ。パタゴニアのキャップやボディバッグなど、小物の利かせ方も気が利いています。キッズサイズのエアリフトは大人気の模様です。

★大人顔負けのおしゃれレギンスコーデ

出典:ZOZOTOWN

大きくスリットの入ったTシャツワンピに、黒のレギンスとエアリフトを合わせた大人顔負けのレギンスコーデ。Tシャツワンピは韓国子ども服なんだそう。シンプルだけどおしゃれ度はかなり高いですね。

ショートパンツも脚長に見せてくれる!

甲が見えるデザインだから、ショートパンツも足をすらりと美脚見せが可能。ソックスでも素足でも履けるので、気分やコーデによって使い分けてもいいですね。紐を結んだりしなくていいので、ママやちびっ子にオススメなんです。男の子が履いてもかっこいいですよ。

★カーキ×ホワイトの爽やかショーツコーデ

出典:ZOZOTOWN

オーバーサイズのTシャツにワークショーツを合わせたメンズライクなリラックスコーデに、白のエアリフトをチョイス。素足で履けば、足の甲が露わになって足がすらりと長く見えるので、ショートパンツなど足を見せるボトムスと好相性です。

★ボーイズのハーフパンツコーデにはソックスオンで

出典:ZOZOTOWN

赤のクライミングパンツをロールアップさせて、ライン入りのソックスと黒のエアリフトをコーディネート。ゴツめのソールだから、男の子にも良く似合います。スポーツブランドでクールに決めたボーイズコーデ、参考にしたいですね。

関連:おしゃれママから熱視線!プチプラ通販賢者「#ドノジョ」の最旬小物コーデ

見た目の良さに機能性も兼ね備えたナイキのエアリフト、親子でお揃いにしてリンクコーデを楽しむのもおしゃれですね。スニーカーは少し苦手、という方にも是非トライしていただきたいシューズです。(文・中山裕子)

※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る