1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「食」の力。今を生きる子どもたちにも伝えたい★長友佑都#たまひよデビュー vol.3

「食」の力。今を生きる子どもたちにも伝えたい★長友佑都#たまひよデビュー vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「たまひよ25 周年」のアンバサダーに就任して初めてのFIFAワールドカップに挑んだ長友さん。鍛え抜かれた肉体美とともに、長友さんが取り組む“食事革命“も話題に。今回は、食事の大切さやその考え方についてお話を伺いました!

関連→この地で自分を高められるのは妻と息子のおかげ★長友佑都#たまひよデビュー vol.2

“食事革命”で実感した「食」の力。 今を生きる子どもたちにも伝えたい

所属するトルコのガラタサライ・スポル・クリュビュの1部リーグ優勝に貢献し、2018FIFAワールドカップ ロシア大会の日本代表メンバーとして活躍した長友さん。これまで順風満帆のように思えますが、サッカー選手として瀬戸際を経験したときもあったといいます。

「30才を目前にした僕は深刻なケガに立て続けに見舞われ、思うようなパフォーマンスができず、いわゆる“スランプ”に陥っていました。選手生命の危機さえ覚えたとき、取り組んだのが“食事革命”でした。最初はありとあらゆるスーパーフードや健康食材を試すなど試行錯誤を重ねていました。そんな自己流の食事革命から2〜3カ月でパフォーマンスが確実に上がり、集中力も向上。食の力を実感しました。その後は専属の加藤超也シェフと各専門家のかたがたの協力のもと、本格的な食事革命がスタートしました。

 僕は母子家庭で育ち、母は朝から晩まで働き詰めだったので、姉が食事を作ってくれるようになるまで、人に語れるレベルの食生活ではありませんでした。だから、子どものころはよく熱を出し、学校を休むなど、サッカーをしているのにひ弱な体でした。その経験もあり食事がいかに大事かを実感。だからこそ、今を生きる子どもたちにはしっかりとした食材から十分な栄養をとってほしいと思います。日本では栄養豊富な食材が簡単に手に入りますから。親は子どもの健康のために、よりよい食事を提供してほしいと願っています」

 お子さんの離乳食について伺うと「食事革命のかいあって、食の知識は豊富になりました。息子の離乳食についても勉強しています」と頼もしい発言をされていました。


「よく家族でスーパーに行きます。食材選びには僕もうるさいので(笑)。旬のもの、栄養あるものを自分で吟味するのが楽しい!」

INFORMATION
『長友佑都の食事革命』
30才を目前にサッカー人生の岐路に立った長友さんが実践した「10の食事革命」と「7つの食事改革」を紹介。(マガジンハウス・1,400円+税)

PROFILE
長友 佑都(ながとも ゆうと)
1986年生まれ、愛媛県出身。プロサッカー選手、日本代表として活躍。現在、トルコのガラタサライ・スポル・クリュビュに所属。ポジションはディフェンダー及びミッドフィルダー。2017年に女優・タレントの平愛梨さんと結婚し、2018年2月に第一子の男の子が誕生。公式サイト
http://yuto-nagatomo.com/

■『たまごクラブ』『ひよこクラブ』最新号はこちら

ありがとう!たまひよは創刊25周年

■おすすめ記事
シングルになって、「ま、いっか」が増えました。 小倉優子さんの息抜き育児Styleは?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事