1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんの髄膜炎は早めの予防接種で防ぐ!見逃しがちな初期症状を医師が解説

赤ちゃんの髄膜炎は早めの予防接種で防ぐ!見逃しがちな初期症状を医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

naumoid/gettyimages

赤ちゃんが予防接種を受けていれば防げる病気もあります。とくに、感染後の初期症状が、鼻水やせきなどしか出ない感染症、髄膜炎は要注意! いったいどんな病気なのか、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

関連:感染症からわが子を守る! 赤ちゃんが受けられる予防接種、ワクチンは何種類?

発見が難しい細菌性髄膜炎に要注意

脳や脊髄(せきずい)を覆っている髄膜が、侵入した細菌やウイルスに感染して炎症を起こします。髄膜炎(ずいまくえん)には細菌性ウイルス性の2種類あり、多くは風邪症候群と同じような症状で始まります。その後、発熱、激しい頭痛、嘔吐、下痢の症状などが見られます。けいれんや意識障害などが起こることもあります。

細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)とは?

ヒブ(インフルエンザ菌b型)や肺炎球菌が原因で髄膜に炎症を起こします。ヒブ菌や肺炎球菌は、鼻やのどの常在菌ですが、菌が血液中に入り込むと、体中に炎症を起こします。
3ヶ月以上の赤ちゃんの場合は、大半がヒブ菌、残りが肺炎球菌によるものです。

どんな症状?

細菌性髄膜炎は発見の難しい病気で、発熱、嘔吐など風邪の症状が進み、意識障害が出て初めて診断がつくこともあります。

かかってしまったら?

診断がつけばすぐに入院して、抗菌薬などで治療します。適切な治療をしても死亡したり、後遺症を残すことがあります。
最近は抗菌薬がききにくい耐性菌が増加しています。

予防法は?

生後2ヶ月になったら、定期接種のヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンを受けられます。それぞれ、接種回数の多いワクチンなので、なるべく早く接種を始めることをおすすめします。

ウイルス性髄膜炎(ういるすせいずいまくえん)とは?

無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)とも呼ばれ、多くはウイルス性胃腸炎が原因で、髄膜が炎症を起こします。

どんな症状?

風邪症候群と似た症状で始まり、発熱や頭痛、嘔吐などが見られます。

かかってしまったら?

細菌性髄膜炎と異なり、軽症で済むことが多く、必ずしも入院を必要としません。解熱鎮痛薬などの対症療法を行います。

関連:RSウイルスは夏にも流行?! 赤ちゃんがかかりやすい4大感染症を医師が解説

発症すると重症化する髄膜炎は、予防接種で防げます。生後2ヶ月からできれば6ヶ月までに3回接種するのが理想なので、なるべく早めにスケジュールを立てて、赤ちゃんを守ってあげて。(文・ひよこクラブ編集部)


■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る