1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 首がすわりうつぶせで遊ぶように!【生後4ヶ月】赤ちゃんの8月のお世話

首がすわりうつぶせで遊ぶように!【生後4ヶ月】赤ちゃんの8月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
首がすわり、指しゃぶりをするようになる「生後4ヶ月」、4月生まれの赤ちゃん。身近なものに手を伸ばしてつかもうとしたり、プレイジムで一人で遊べるようになります。そんな4月生まれ赤ちゃんの8月のお世話のポイントを紹介します。

こちらもおすすめ→赤ちゃんの手足口病ってどんな病気? 治療法や対処法は?

うつぶせで遊ぶのが楽しい時期です

首すわりがゆっくりだった赤ちゃんも、このころにはほぼ完全にすわります。うつぶせにすると、両腕で上半身を支えて、胸を床から離し、頭をあげていられるようになるので、うつぶせで遊ぶのが好きな子が増えてきます。反対にうつぶせが苦手な子もいます。
首がしっかりすわったら、両わきを支えた赤ちゃんを、ママやパパのひざの上に乗せて揺らしたり、「たかいたかい」をしたりして、体を使った遊びが楽しめます。また、おんぶができるようになるので、赤ちゃんが甘えて泣いてもかまってあげられないときは、おんぶをして用事をすることができます。

早寝早起きをして生活リズムを整えましょう

規則正しい生活を心がけ、決まった時間に起きて寝るようにしましょう。夜は寝る1時間くらい前におふろに入ってパジャマに着替え、部屋を暗くして眠りにつきやすくする、朝は決まった時間に起こして顔をふき、昼間の服に着替える、いつも同じ時間にお散歩に出るなどを習慣にすると、リズムが整いやすくなります。
このころになると、いつもお世話をしてくれるママやパパを特別な人だと認識し始めます。ママやパパにあやされるととくによく笑ったり、あやされなくてもママやパパの顔を見るだけで、自分からほほえみかけるようになります。

汗をよくかいたときは水分補給を忘れずに

暑いときは、赤ちゃんはいっそう大量に汗をかきます。おしっこの量が少なくなることもありますが、これは体内の水分が汗で奪われているためです。普段の水分補給はおっぱいやミルクで足りていますが、とくに暑いときは、授乳時間以外にも、外出時、おふろのあとなど、赤ちゃんが欲しがるときは、湯冷ましや麦茶を飲ませてあげましょう。
また、この時期の午前10時~午後3時はとても日差しが強い時間帯です。日焼けは皮膚や体にダメージを与えるので、この時間帯の外出は控えましょう。おでかけするときは帽子や着替え、ベビー用虫よけ、虫刺されの薬も忘れずに。暑さ対策に、首やわきの下、背中を冷やす熱冷却シートを利用してもよいでしょう。

首がすわって、たて抱きやおんぶができるようになった「生後4ヶ月」の赤ちゃん。授乳間隔も決まってきて生活リズムも整ってきます。この夏休みは赤ちゃんの生活リズムをくずさない範囲でおでかけを楽しんでみてくださいね。
(文・たまひよONLINE編集部)
※『4月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

関連:夜行性ベビーに要注意!0歳でつけたい「睡眠のリズム」

■おすすめ記事
家庭でのおむつ替えを快適にしたい…便利グッズ4選!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る