1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ママの自由時間は朝だけ!朝活のススメ

ママの自由時間は朝だけ!朝活のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bunditinay/gettyimages

「おは(8)」「よ(4)う」で朝活の日

8月4日は「朝活の日」。
朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」が、朝の時間帯を楽しむ人がより増えるきっかけになることを願い「おは(8)」「よ(4)う」にちなんで「朝活の日」に制定しました。

こちらもおすすめ→【働くママに聞く!】朝、家を出る前にどこまで家事しますか?

朝の時間こそママだけのリラックスタイム

健康志向の高まりや、企業の早朝勤務推奨などにより、朝からアクティブに活動している人が増えてきています。
でも、早起きはつらい…。
子どものお弁当作りのあるママは、これ以上早起きするのは大変。
まして、子育てで追われている頃は、身体もへとへと。1分でも長く寝ていたい。
でも、口コミサイト『ウィメンズパーク』のママによると朝活すると心と身体にポジティブな変化を実感できるそうです。

こちらもおすすめ→子どもと自分にかける時間を増やしたい!リアル子育てママの時短テク


「私は朝活派です。朝は4時起き。5時から朝食、お弁当、夕食まで作り、出勤の準備開始。なので4時からの1時間は自分時間。読書をしたり、パックをしたり、充実の時間です」

「子どもが4人、末っ子は1歳になったばかり。でも、朝は前より1時間早く起きるようにして自分のために朝活するようになったらイライラすることも減りました」

「子どものための時間ばかりというのは、自分の性格には合ってないのでリフレッシュする時間は絶対に必要です。でも、昼にそんな時間はないので、朝活始めました。今は、朝5時起きで集中的にヨガでダイエットです」


そうなんですよね、子育て中のママは昼にゆっくりしている時間なんてないんですよね。夜は疲れて寝落ちしてしまうし、夜ふかしすると翌日がつらくなるし。
そうなると、ママにとって朝活の方が生活リズムに合わせやすいのかもしれません。(早起きさえつらくなければですが)

ほかにも、

「お菓子を食べていると子どもも欲しがるので、朝にコーヒーを入れて大人のためのお菓子をゆっくり楽しんでいます」

「24時間オープンのジムに入会し、朝5時から30分だけ筋トレに通っています。朝イチで身体を動かすと、一日のスタートが気持ちいいです」

「在宅の仕事をしているので、家族が起きる前にノルマをサクサク片付けててしまいます。終わらせておかないと、ずっと仕事やらなきゃと、子どもと遊ぶ時間もイライラしていました」


朝活派の声は、どれも「始めてよかった」「もっと早く始めればよかった」ばかり。
特に、始めたことによりイライラがなくなる精神的なメリットが大きいようですね。
子どもが寝たあとの夜のリラックスタイムもいいけれど、まずは週に1回から朝活始めてみましょうか。
(文・井上裕紀子)

関連:「ママになっても楽しむことをあきらめない!」フランス流・息抜き育児

■文中のコメントは『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
こんなにいるの?! 「二番目に好きな人と結婚しました」ママ禁断の質問!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事