1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [予防接種]四種混合ワクチンの接種時期・副作用は?注意点を小児科医が解説

[予防接種]四種混合ワクチンの接種時期・副作用は?注意点を小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

comzeal/gettyimages

四種混合ワクチンが定期接種になったのは、2012年11月。
ジフテリア、百日ぜき、破傷風(はしょうふう)の三種混合ワクチンとポリオワクチンを未接種の場合、原則として四種混合ワクチンを接種することになります。
予防できる病気のうち、とくに百日ぜきは6ヶ月未満で発症すると致命率が高い病気なので、3ヶ月になったら優先的に接種を。重症化しやすい病気を防ぐ四種混合ワクチンについて、接種の注意点などを、小児科医の山中龍宏先生に聞きました。

関連:感染症からわが子を守る! 赤ちゃんが受けられる予防接種、ワクチンは何種類?

2012年から開始された四種混合。接種の注意点は?

ポリオワクチンは、もともと生ワクチンが定期接種とされてきましたが、ごくまれに手足にまひが出るという副反応が認められ、安全性が問題に。そこで、2012年より不活化ワクチンが導入されました。四種混合は、この不活化ポリオと、三種混合とを合わせたワクチンです。

接種回数が多いので早めにスタートを

ヒブや小児用肺炎球菌、ロタウイルスなどとの同時接種が多く行われています。接種部位はしこりになりやすく、初回が左上腕なら次は右上腕というように部位を変えることもあります。

副反応はあるの?

接種部位に腫(は)れやしこりが見られても、広範囲でなければ心配ないでしょう。ただし、接種した腕がひじなどの関節を越えて、広範囲にパンパンに腫れたときは受診してください。38度以上の発熱が続くときも受診を。

四種混合ワクチンの早わかりチェックリスト

[定期or任意]
☑定期接種

[ワクチンの種類]
☑不活化ワクチン

[接種方法]
☑皮下注射

[接種回数]
☑4回

[次の別の予防接種との間隔]
☑中6日以上

[接種時期]
☑ Ⅰ期は3ヶ月~7歳6ヶ月未満に4回(Ⅰ期は標準として3ヶ月~1歳までに3~8週間の間隔で3回。
3回目から6ヶ月以上空けて<標準的には1年~1年半後>に1回追加接種。
Ⅱ期はDT<=ジフテリアと破傷風(はしょうふう)の二種混合>を11~12歳ごろに1回接種

[防げる病気]
☑ジフテリア(D)、百日ぜき(P)、破傷風(はしょうふう)(T)、ポリオ(小児まひ)の四種


関連:[10年ぶりに妊娠しました#15]ドキドキ!初めての予防接種

四種混合も接種回数が多いので、ほかの不活化ワクチンや生ワクチンの予防接種と同時接種がおすすめです。どの順に接種するのがいいか、理想的なスケジュールはあるのかなどの判断に迷ったら、小児科医に確認すると頭が整理できると思いますよ。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事