1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 育休を取ったパパ達を取材しました!【3週間、1カ月,1年,1年半】

育休を取ったパパ達を取材しました!【3週間、1カ月,1年,1年半】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

itakayuki/gettyimages

働くママ向け雑誌「bizmom」2018年夏秋号では、育休をとったパパ4人を取材!
今回は3週間の育休を取得したMさん、1カ月・1年・1年半と3回育休を取得したSさんのケースをご紹介します。

3週間取得したMさん/出版社勤務、妻は会社員

ーー育休を取得したきっかけは?職場や同僚にはいつ伝えましたか?

「育休を取得した先輩パパの話を聞いた時に、楽しそうだったのでいつか私も取りたいと。妻に希望を聞き、取得を決意しました。

妊娠中期に妻の妊娠を同僚に話し、育休の時期を伝えたのは出産3カ月前。事前に同僚に話していたので仕事の引継ぎも協力的でした。」

ーー育休取得にあたり、不安なことはありましたか?

「取得は3週間と限られた期間だったので、育児にどれくらいで慣れるのか、ちゃんと妻の役に立てるのかという不安がありました。」


ーーその不安はどのように克服しましたか?

「妻の入院中はなるべく病院に行き看護師さんに授乳やおむつ替えなどの手ほどきを受けました。退院後うんち処理係に任命された時も、上手にできました。」

授乳で失敗…母親の偉大さを実感

「育休は、妻が不安だという『退院後から、3週間』取得しました。育児で苦労したのは授乳です。睡眠不足の妻を助けたいと思い、夜の授乳を私が担当することに。けれどもヤケドを心配するあまり、ミルクを冷ましすぎたのか、泣いて飲んでくれなくて…。結局、妻が母乳を飲ませるとピタリと泣きやみました。母親の偉大さを改めて実感できました。妻と育児を一緒に経験したことで、子どもが成長した今もスムーズに育児に関われています。」

育休を3回取得したSさん(1カ月、1年、1年半)/メーカー勤務(エンジニア)、妻は専業主婦

ーー育休を取得したきっかけは?職場や同僚にはいつ伝えましたか?

「自分にとって何よりも家庭の優先順位が一番高いと思っているので、ぜがひでも育休を取りたいと思っていました。

上司に報告したのは3回とも取得予定の3カ月前。上司や同僚も育休取得に理解があったので、ともに好意的な反応でした。」

ーー育休取得にあたり、不安なことはありましたか?

「ひとつは、復帰後、会社に自分の席(立ち位置)が残っているかということ。そして、妻が専業主婦のため、育休を取得することで収入が減るという不安もありました。」


ーー取得してよかったと思うことは?

「育休取得がきっかけで、復帰しても活躍できる仕事のスキルを持っているかなど、自分のキャリアやスキルについて考えることができました。

また、家庭においては、普段は気づかないお互いの家事の得意・不得意がわかりました。妻が得意でないことを私がすることで、家事分担もスムーズになってよかったです。

ほかにも、収入減後の家計を想定して計画的に貯蓄をしたり、支出を減らす努力をしたりと、育休中の収入減に備えて家計を真剣に見直すいい機会になりました。

そして、同僚パパが育休取得するときの後押しや橋渡しができたこともよかったです。育休の経験を社内で共有するために社内SNSに体験談をアップ。社内のパパとたくさん体験を共有できたことで、推進役になりました。」

育休は、家族と自分自身を見直すいい機会

「私の会社は育休取得に理解がある会社ですが、当時は長期間の取得はまだめずらしかったので、まず直属の上司に相談することにしました。幸い上司が育休に理解のある人だったので、会社の上層部や同僚に育休取得について根回ししてくれて、本当に助かりました。

長男の時は1カ月の育休でしたがあっという間に終わってしまったという印象です。次男の時は1年、三男の時は1年半取得して、じっくり育児に取り組むことができました。育休は妻の要望もあり、子どもの動きが活発になる8カ月の頃に取得。長男がちょうど2歳で手のかかる時期だったので、2人の子どもと向き合う時間になりました。家事・育児を一緒にすることで、妻がいかに1人で大変だったかがわかりました。

今まで周りのパパたちに育休を取得することのよさを伝えてきましたが、育休を検討しても、取得できないパパもいるかと思います。でも、私は仕事や家事・育児に真剣に目を向けて検討したこと自体に意義があると思っています。」


育休の制度も充実し、パパも取得しやすい環境が整いつつあります。先輩パパの体験談を参考に育休取得について考えてみませんか?

発売中の働くママ向け雑誌「bizmom(ビズマム) 2018夏秋号」では、パパ向けに育休取得の情報と育休を取得したパパの体験談を特集しています。誌面に登場する育休を取得したパパたちは、2週間〜1年半まで様々。今後、育休取得を目指すにパパたちに役立つ情報が満載です。「bizmom(ビズマム) 2018年夏秋号」ぜひチェックしてみてください!(文・bizmom編集部)


■参考:「bizmom(ビズマム)」2018年夏秋号 特集「取得期間別!パパの育休取得How to」

■おすすめ記事
パパの予防接種は済んでる? 本当は怖い風疹

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事