1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 計画通りにいかないことも多い!「計画出産」

計画通りにいかないことも多い!「計画出産」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monkeybusinessimages/gettyimages

【9月5日は計画と実行の日】計画を立てて実行する大切さを広める日

9月5日は経営コンサルティング会社の株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズによって『計画と実行の日』に制定されています。計画を立てて実行することの大切さを、世の中に広めていくことが目的の記念日です。9月5日が選ばれたのは、ピー・アンド・イー・ディレクションズの創立記念日であること、計画の「計」の字が9画であること、そして、実行を意味する英単語「Execution」の頭文字である「E」がアルファベットの5番目であることが理由になっているそうです。

こちらもおすすめ→ 出産はどんなふうに始まる?先輩ママたちの出産エピソード

出産日を「計画」すること自体、やっぱり難しい!

計画が大切なのは言うまでもありませんが、妊娠・出産の際には何よりも重要な「計画」があります。あらかじめ「予定日」を決めて分娩を行う「計画出産」です。
いつ陣痛が来たり、破水があったりして分娩が始まるかドキドキするよりも、スムーズな気がする「計画出産」ですが、それはそれで苦労があるようです。『ウィメンズパーク』で計画出産を経験したママたちに聞いてみました。

こちらもおすすめ→ 「無痛分娩なのに痛かった!」証言の真相は?産婦人科医・助産師に聞きました


「2人目計画無痛予定が麻酔が間に合わなかったです。
前日入院で、夜中から前駆陣痛がはじまり、促進剤をいれて1時間で10分間隔になりました。そこから1時間で出産でした。これもぎりぎりまで待とうとした結果、破水から14分で産まれてしまい、破水後に先生がきて、麻酔を入れたものの、会陰切開もばっちり痛かったし、麻酔は分娩後の会陰を縫うときしか効いてなかったです」


「計画より早くなる」こともあれば「計画より遅くなる」ことも。

「1人目も2人目も2時間未満のスピード出産で、上の子の預け先確保のために3人目は計画分娩を希望しました。
妊娠9ヶ月くらいには日にちを決めたと思います。妊娠9ヶ月くらいから赤ちゃんの体重増加が悪くなり37週の健診でも体重が増えてなくて翌々日に促進剤を使うことになりました。最初に決めた日にち通りにはなりませんでした」

「私は双子出産で計画分娩しました。
が、無駄に痛くなっただけで子宮口が開かなくて中止になりました。
3度目の出産で、上の子たちは数時間でスルスル生まれたので、てっきり今回も計画的にスルッと生まれるんだろうと思っていたけど、です」


「計画」のために、日程をいつにするかも難しいようです。


「あと数日で臨月なのに、まだ日程が決まりません。
今日健診に行ったのですが日程は決まらず、『いつ決まりますか?』と聞いたら『37週に入ってからの健診での状態を見て決めます。基本は38週を過ぎた頃になりますが、37週の健診の時点で産まれそうなら翌日入院もありえます』と言われました。
えぇ~!ギリギリまで決まらない上に、37週の健診の結果次第では翌日入院もありえるって?何それ?それ計画分娩の意味ある?」

「うちの下の子が多胎児のため計画分娩予定でした。
先生にあらかじめ聞いたところによると『胎児を“いつ出すのが適切か”はギリギリになるまでわからない。基本は37~38週までを考えているけど、たとえば胎児が思ったより小さければギリギリまで胎内で育てたほうがいいケースもあるし、促進剤を使っても子宮口が固ければ時間がかかるし母体にも胎児にも負担がかかる。そういう場合は40週近くまで待つこともある。逆に母体の状態によっては正期産に入ったらすぐに出したほうがいいケースもある』と言われました」


話を聞いていると「計画通りにいかないことのほうが多いの?」となりますが、
ちゃんと計画通りに産んだ人もいるのでご安心を!!

「2人目、計画無痛で4時間の陣痛でした。
麻酔から3時間くらいすると、軽い生理痛程度の陣痛を感じるようになってきたので、呼吸法で痛みを緩和していましたが、最後の30分くらいは自然分娩と変わらない陣痛でした。
それでも、本当に痛い陣痛の時間は劇的に短くなったので、体力的には自然分娩の数百倍楽でした。会陰切開もすることなく、分娩後も痛くなかったです。本当に子ども生んだの!?ってくらい体が楽で衝撃を受けました(^_^;)」

何が起こるかわからないのが出産ですが、計画通りに無痛分娩にして負担が少ないなら最高ですね。
(文・古川はる香)

関連: 自分で選ぶ出産方法-和痛分娩とは?

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
【子育て支援センター】デビューはいつ?ママ友ってつくるべき?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事