1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【ママコーデ】この秋はグレンチェック柄でレディライクに決める!

【ママコーデ】この秋はグレンチェック柄でレディライクに決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年、秋のファッショントレンドとして注目されるチェック柄。トラッドなイメージがあるのでママが取り入れるのは少し抵抗がありますが、今季は英国風のシックなグレンチェック柄がトレンドに。ノスタルジックな雰囲気なので、大人の女性でもトライしやすいです。中でも人気のワイドパンツやロングスカート・ワンピース、ジャケットの選び方やコーディネートをご紹介します。グレンチェック柄を上手に取り入れて、レディライクな着こなしを楽しみましょう。

ワイドパンツは甘辛ミックスコーデに


出典:ZOZOTOWN

前シーズンに引き続き人気のワイドパンツも、秋はグレンチェック柄を取り入れることで、シンプルなコーディネートもレディライクな印象になります。グレンチェック柄のワイドパンツはマニッシュなアイテムなので、トップスは女性らしいレースのものやラインが出るものを合わせると甘辛ミックスコーデになり、バランスよくまとまります。

脚長効果のあるワイドパンツ


出典:ZOZOTOWN

ベルト付きのワイドパンツで、トレンドのウエストマークの着こなしができます。ウエスト部分にタックが入っているので、下半身をスラリと見せてくれます。

モノトーンコーデでクールに


出典:ZOZOTOWN

たっぷりしたシルエットながらも程よい落ち感とタックの効果で、カジュアルにもエレガントにも着こなせます。トップスはモノトーンでまとめれば、Tシャツでも大人っぽく仕上がります。

シャツと合わせて爽やかに着こなす


出典:ZOZOTOWN

ラップ風のワイドパンツなので、女性らしい着こなしもOK。白シャツとコーディネートして爽やかな雰囲気に。ビスチェと合わせて今旬のコーディネートも素敵です。

スカートやワンピースは丈感やシルエットを重視


出典:ZOZOTOWN

スカートやワンピースにグレンチェック柄を取り入れるときは、丈感やラインに気をつけましょう。ミニ丈やふんわりシルエットだと、子どもっぽい印象になってしまいます。トレンドのロング丈やアシンメトリー、タイトなシルエットなど少しクラシカルな要素のものを選ぶと、大人っぽいコーディネートに仕上がります。トップスはインしてウエスト周りをすっきりさせる着こなしを目指しましょう。

華やぎのあるイレギュラーヘムライン


出典:ZOZOTOWN

動きのあるイレギュラーヘムラインが女性らしい印象です。使いやすいミディ丈でサッシュ付きなのでトップスとのバランスも取りやすいです。きちんと感のあるコーディネートも決まります。

ワンピースも落ち着いた印象に


出典:ZOZOTOWN

キャミソール風ワンピースもグレンチェック柄なら落ち着いた印象になります。腰からアシンメトリーにデザインされていて、デザインのポイントに。レイヤードスタイルも決まります。

すっきりシルエットがポイント


出典:ZOZOTOWN
すっきりしたシルエットが特徴の2WAYワンピース。シンプルなワンピースで着られるのはもちろん、フロントジップをあけてベスト風の着こなしもできます。グレンチェック柄がコーデを格上げします。

ワーキングママはジャケットにトライ!


出典:ZOZOTOWN

ワーキングママにおすすめのグレンチェック柄のジャケット。今季はダブルジャケットやだぼっとしたサイズ感がトレンド。レトロ感のある雰囲気なので、シンプルなアイテムの上に羽織っても今旬の着こなしになります。ワイドパンツにもデニムにも合わせやすいので、オフィスでも休日でも活躍してくれそうです。

カジュアルアイテムとも相性バッチリ


出典:ZOZOTOWN

クラシカルなブラウンのチェック柄は、カジュアルなアイテムとの相性よくまとまります。
カラーはモノトーンにまとめるとパーカでもラフすぎず、シックな雰囲気に仕上がります。

レディライクなロング丈


出典:ZOZOTOWN

裾に向かって広がるデザインなので、スキニーデニムはもちろんスカートやワンピースと合わせてもレディライクな印象になります。トレンド感がありながら、きちんとした雰囲気に決まります。

シンプルコーデも今旬に


出典:ZOZOTOWN

ビッグシルエットのジャケットは、グレンチェック柄だと重い印象にならず、華やかな明るさをプラスしてくれます。シンプルなトップスにデニムでも、羽織るだけで今旬の着こなしになります。

ベースカラーがモノトーンのグレンチェック柄なら、クローゼットにあるベーシックカラーとも合わせやすいですね。また柄物が苦手でもトライしやすいかも……。いつものアイテムに取り入れて、さりげなくトレンドをプラスした着こなしを楽しみましょう。(文・百田なつき)

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事