1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 上手にまねっこできるよ!【11月生まれ】赤ちゃんの9月のお世話

上手にまねっこできるよ!【11月生まれ】赤ちゃんの9月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?はいはいや伝い歩きで行動範囲が広がり、大人のまねっこをするようになる「生後10か月」の11月生まれ赤ちゃん。朝夕は暑さもおさまり、お散歩が楽しめる季節。お出かけ先で興味をもったものは「アッ、アッ」と指差しして教えてくれるかもしれません。そんな赤ちゃんの9月のお世話を紹介します。

つかまり立ちが上手になり、伝い歩きを始めます

このころの赤ちゃんは、つかまり立ちが上手になり、つかまったまましばらく立っていられたり、片手におもちゃを持って立っていられるようになります。伝い歩きをする子も多くなりますが、はいはいの方が素早く移動できるため、伝い歩きができても、しない子も。また、大人が「バイバイ」「バンザイ」などと言いながら身振りを見せると、まねっこするようになります。くり返すうちに、その言葉を聞いただけで身振りをするようになります。ママやパパが音楽に合わせて体を動かすと、赤ちゃんもまねして体を動かしたり、「ちょうだい」「はいどうぞ」などのやりとり遊びもできるように。親子のコミュニケーションを楽しみながら、たくさん遊びましょう。

公園で体を動かして遊びましょう!

残暑が続きますが、涼しい時間帯を選んで公園で外遊びをしましょう。ママやパパに体を支えてもらいながら滑り台で遊んだり、抱っこでブランコに乗ったり。はいはいや伝い歩きで動きまわる赤ちゃんに目が離せない時期で、ママもパパも疲れがたまりがちですが、芝生ではいはい、ベンチで伝い歩きと外で体を動かすと、食欲が出て夜はぐっすりです! 20時ごろには寝かせて、早寝早起きを定着させましょう。公園に行くときは、ベビー用虫よけや虫刺されの薬を忘れずに。

秋ものウェアや防災グッズの準備を

9月1日は防災の日。赤ちゃんの防災・避難グッズを用意しましょう。赤ちゃん用の水、ミルク、ベビーフード、おむつなどの消耗品は3日分用意します。おむつは定期的にサイズ確認を。また、避難場所や避難経路、パパとの連絡方法なども話し合っておきましょう。家具を固定したり、ガラスに飛散防止シートを貼ったりと、室内の安全対策もぬかりなく。また、まだ暑い日が続くので、半袖Tシャツと短パンで過ごせる日も多いですが、涼しくなってきたときのために、秋物ウェアの用意を。赤ちゃんは汗かきなので吸湿性のあるもの、伸縮性のある動きやすいもの、脱ぎ着がラクなものがよいでしょう。

いかがでしたか?大人とやりとり遊びが楽しめるようになる生後10か月の赤ちゃん。離乳食も進み「自分で食べたい!」と手づかみ食べも盛んになります。後片付けは大変ですが、食卓のまわりにビニールシートや新聞紙を敷くなど対策をして、赤ちゃんとの食事も楽しんでくださいね。(文:たまひよONLINE編集部)

※『11月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る