1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. ママやパパをジッと見つめるよ!【8月生まれ】赤ちゃんの9月のお世話

ママやパパをジッと見つめるよ!【8月生まれ】赤ちゃんの9月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
出生時から1カ月ほどで体重が1kg前後増え、丸みを帯びてきた「生後1か月」の赤ちゃん。視力や聴力が発達し、ママやパパが近づくとジッと見つめるようになります。そんな8月生まれ赤ちゃんとの9月の過ごし方を紹介します。

顔の向きを変えたり、授乳のリズムができてきます

このころの赤ちゃんは、あおむけで顔を左右に動かせるようになり、うつぶせでもあごを少し持ち上げられるようになります。手足をよく動かすようになりますが、まだ意識的に動かすことはできません。顔に布などがかかると取ることができないので、窒息などに注意しましょう。また、おっぱいを吸う力がつき、ママのおっぱいもよく出るようになるので、一度にまとめて飲むようになります。少しずつ授乳のリズムができてきて、2~3時間おきになる子が増えてきます。

おっぱいは「欲しがったら飲ませる」

生後1か月を過ぎても、昼夜の区別なく、赤ちゃんのペースに合わせたお世話の毎日です。おっぱいも「欲しがったら飲ませる」が続きます。ママもつらい時期ですが、授乳のリズムができるまでもう少し。家事もお世話も無理をせず、パパや周囲の協力を得ながら乗りきりましょう。母乳不足が心配なときは、母乳外来や1か月健診で相談してみましょう。1か月健診は育児の不安を相談できるいい機会です。出産した病院で、赤ちゃんの成長の様子、健康状態を確認します。気になることを母子手帳にメモしておいて、いろいろ聞いてみましょう。替えのおむつ、おしりふき、着替え、おくるみかバスタオルなども忘れずに。車で行く場合はチャイルドシートを使いましょう。

手洗いを小まめにしましょう

季節の変わり目は体調をくずしやすい時期です。風邪を引かないように気をつけましょう。赤ちゃんはママのおなかで免疫をもらって生まれてきますが、ママがその病原体への免疫を持っていない場合は、赤ちゃんに感染してしまうことが。パパも病原体を家の中に持ち込まないように、外から帰ったときはもちろん、手洗いとうがいを小まめにしましょう。かかるとこわい病気から赤ちゃんを守るために、1才までに受けておきたい予防接種はたくさんあります。生後2か月から受けられるものがあるので、なるべく早く受けましょう。


いかがでしたか?退院してからずっと室内で過ごしていた赤ちゃん。少しずつ外気浴をスタート。やさしく声をかけながら赤ちゃんのお世話をしましょう。(文・たまひよONLINE編集部)
※『8月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る