1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「ひらがな」何才からどうやって教える?

「ひらがな」何才からどうやって教える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iStock.com/paylessimages

1965年9月8日、イランのテヘランで開かれた世界文相会議でイランの国王が軍事費の一部を識字教育にまわすことを提案しました。これを記念して、ユネスコが記念日に制定。1966年9月8日のはじめての「国際識字デー」以降、毎年この日には、識字の大切さを世界に呼びかけるためのイベントが世界各地で行われています。

「ひらがな」はどうやって教えるのが効果的?

日本語を母語とする場合、最初に覚えることになるのが「ひらがな」です。最近では小学校入学前にひらがなの読み書きができる子がほとんどなよう。何才ごろから、どのような形で、子どもに「ひらがな」を教えていくのがよいのでしょうか?口コミサイト『ウィメンズパーク』
のママたちに経験談を聞きました!

「何故か私の周りは3才で読み、4才で書き、が当然な流れになってて(平均的に見れば早い方だと思いますが)。やったのは、①お風呂にひらがな表を貼る、②絵本で覚える(「あっちゃんあがつく」「しりとりしましょ」が食いつき良かったです)」

「うちは、年少の頃にお風呂に50音表をはりました。しりとりもよくしていたので、50音表にある絵をヒントにしたりして、そのうちだんだん『字』として読めるようになりました。4才前にに児童館で仲良くしてくれる小学生のお姉ちゃんからお手紙をもらい、そこから『書きたい』にスイッチしました」

「キャラクターパソコンも、50音表も全く興味を示さない息子でした。ただ、恐竜が好きだったので、図鑑を読んでいるうちに、平仮名よりもカタカナを読めるようになりました。字を書く練習は年長の秋頃から始めました。子どもの性格にもよりますが、やる気スイッチが入るとあっいう間に覚えますよ」

五十音表からはじめている人が多かったですが、いつから興味を持つかは子どもによるようですね。
(文・古川はる香)
■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る