1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ママやパパに特別な笑顔を!【生後4ヶ月】赤ちゃんの10月のお世話

ママやパパに特別な笑顔を!【生後4ヶ月】赤ちゃんの10月のお世話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月生まれの赤ちゃんは、このころどんな様子なのでしょう?
うつぶせで遊ぶのが楽しい「生後4ヶ月」、6月生まれの赤ちゃん。抱っこの腕にしっかり重みを感じるほど大きくなりました。そんな6月生まれ赤ちゃんの10月のお世話のポイントを紹介します。

こちらもおすすめ→ [4カ月]赤ちゃんの生活リズムもママのカラダも整える!

うつぶせで遊んだり、よく手を使うようになります

首すわりがゆっくりだった赤ちゃんも、このころにはほぼ完全にすわります。うつぶせにすると両腕で上半身を支えて胸を床から離し、頭を上げていられるようになるので、うつぶせで遊ぶのが好きな子が増えてきます。反対にうつぶせが苦手で嫌がる子もいます。
また、生後3ヶ月ごろまでは、自分の手を見たり、動かしたり、なめたりすることが盛んでしたが、このころになると身近なものに手を伸ばしてつかもうとします。にぎにぎやガラガラを取ろうとして手を伸ばしたり、プレイジムで一人でも遊べるようになります。

ママやパパと絵本でふれあいを楽しんで!

いつもお世話してくれるママやパパを、「特別な人」として認識するようになります。このころ、あやされると声を上げてよく笑いますが、ママやパパにはとくによく笑顔を見せたり、ママやパパの顔を見るだけで、あやされなくても自分からほほえみかけるようになります。
言葉がわからない赤ちゃんに、絵本はまだ早いと思われがちですが、耳や目で楽しめる絵本もたくさんあります。やさしく抱っこしてママやパパの声をたくさん聞かせてあげましょう。このころは色が鮮やかで、リズミカルな言葉が繰り返し出てくる絵本がおすすめです。赤ちゃんの成長に合わせて、さまざまな絵本を楽しめるといいですね。

スキンケアは清潔と保湿を心がけて

赤ちゃんの肌は大人よりも薄くてデリケートです。とくに空気が乾燥する季節は、肌もカサカサしがちになります。おふろ上りなど肌を清潔にしたあとに、赤ちゃん用の保湿剤をぬってケアをしてあげましょう。保湿剤は、皮膚科を受診したときに処方してもらうか、薬局で、ベビー用を選ぶようにします。
10月の服装は、日中は短肌着とウェア1枚、ねんねのときはコンビ肌着1枚でもよいでしょう。過ごしやすい季節ですが、外出時は、はおりものを持ち歩いて。

昼は起きて夜は眠るという昼夜のリズムが整ってくる、生後4ヶ月の赤ちゃん。首がしっかりとすわってくるので、体を使った遊びも楽しめるようになりました。両わきを支えた赤ちゃんを、ママやパパのひざの上に乗せて揺らしたり、「たかいたかい」をして楽しみましょう!
(文・たまひよONLINE編集部)

※『6月生まれの赤ちゃんガイド』(ベネッセコーポレーション刊)より抜粋
amazonで詳しく見る

■関連:0~4ヶ月ごろの赤ちゃん 寝かしつけ 厳選テク4

■おすすめ記事
赤ちゃんの成長に合せた紙おむつの選び方とおむつ替えに便利なオススメグッズ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る