1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 別鍋いらず! 子ども用の甘いカレーを辛くするスパイス

別鍋いらず! 子ども用の甘いカレーを辛くするスパイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ariwasabi/gettyimages

毎年恒例、日比谷松本楼の10円カレー

9月25日は「10円カレーの日」。
東京・日比谷公園の中にあるレストラン「日比谷松本楼」が、10円に好きな金額を上乗せして支払う「10円カレー」を提供する日。
1973年(昭和48年)のこの日、1971年に放火で消失したお店を再建したことを記念しています。この日の売り上げは、交通遺児育英基金やユニセフなどに寄付されています。

こちらもおすすめ→ ママたちが推薦!「マイベスト★レトルトカレー」8選

ひとふりで甘いカレーが辛いカレーに早変わり

カレーといえば、家庭料理の定番。子どもも大人も大好きなメニューですが、子どもは辛いのが苦手なので、子どもに合わせて甘口カレーになってしまいます。
でも、から~いカレー、食べたいですよね。
口コミサイト『ウィメンズパーク』では、ふりかけるだけで子どもの甘口カレーを辛口にアレンジする技が紹介されています。

こちらもおすすめ→ 大失敗!!カレーに入れて後悔した食材


「比較的マイルドに辛さを調整できるのは『ガラムマサラ』。瓶などで売ってます」

「ハウスの『ホット ガラムマサラ』なら、振りかけるだけで辛味と香りがまします」

「ガラムマサラでも香りでそれっぽくなると思いますが、辛さ調節ならば『カイエンペッパー』かな」

「お手軽に『タバスコ』をかけています」

「ややパンチがあるのは、ハウスの『 CoCo壱番屋直伝調味スパイス』。タバスコのような、唐辛子の辛さというよりは、コクや焙煎感がアップします」

『トリイソースのカレー専用スパイスソース』というのがお気に入りです。辛味だけでなくコクも出ます」

「エスビー食品からも粉末タイプの『カレー屋さんのかくし味 辛さ自在』が出ています。私も辛いのが好きなのですが、子ども用に甘口なので、いつも入れています」

「ハウスの『カレーホット』は、カレーに加えるだけで辛さとスパイシーさがアップ。液体なので混ざりやすく、カレーによくなじみます。さらに辛くしたいならS&Bの『カレープラス 鮮烈 バリ辛ブレンド』』を」



これさえあれば、わざわざ別鍋で作り分けなくてもふりかけるだけでグッとくる辛さ。大人も満足! 子どもも満足!
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

関連: レトルトでつくる「焼きカレー」★ママ友ランチ会にもおすすめ!

■おすすめ記事
【子育て支援センター】デビューはいつ?ママ友ってつくるべき?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事