1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 痛い!つらい!治したい!産後の痔

痛い!つらい!治したい!産後の痔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

takasuu/gettyimages

千(せん)は10の3乗(じょう)で洗浄の日

10月3日は「洗浄の日」。
洗浄従事者の技能向上、作業方法の改善や水を利用した高圧洗浄の活用、普及などを目的に公益社団法人・日本洗浄技能開発協会が制定しました。
日付は、千(せん)は10の3乗(じょう)で、10と3を表す10月3日になりました。

こちらもおすすめ→ すっきりキレイが続く魔法のローテ「#1日1掃除」で年中ピカピカ!

ショック!私、痔主になりました…。

洗浄と聞いて、イメージするのがおしり洗浄。
このおしり洗浄機の登場で、痔主さんたちがどんなに救われたことか。
出産前は、痔はおじさんたちの専売特許かと思っていましたが、出産後に痔に悩まされるママがとても多いようです。

こちらもおすすめ→ いぼ痔になり、排便できず【専門家Q&A】


「まさか、この若さで痔になるとは、ショックです…」

「妊娠中にいぼ痔に。今でも時々出てきて、違和感ありまくりです」

「分娩時にいきんでいぼが出てきたようで助産師さんが出ないように押えてくれていました。産後2ヶ月過ぎたら落ち着いたけど、たまに出てくることがあります」


産後に便秘が続いたり、かたい便を強くいきんで出した拍子に肛門が切れたりすることがあります。
産院で便をやわらかくする薬や、切れた部位に塗る軟膏(なんこう)などを処方してもらいましょう。
(参照:産後の体のマイナートラブル

産後のママは、赤ちゃんのお世話でゆっくりトイレに入っている時間もありません。さらに、痛みの伴う痔だとトイレに行くのも怖くなってしまいます。
でも、便秘の改善のひとつに、同じ時間にトイレへ行くとよいそうです。症状がひどくなる前にトイレタイムを作るようにしましょう。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

関連:産後の体「これがつらかった!」TOP10★主な症状を産婦人科医が解説

■おすすめ記事
生年月日・出生体重があやふや…!大家族あるあるが半端ない!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事