1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 幸せな時間のために 日々、挑戦し続けます!★長友佑都#たまひよデビュー vol.7

幸せな時間のために 日々、挑戦し続けます!★長友佑都#たまひよデビュー vol.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「たまひよ25周年」のアンバサダーに就任し、5 月号からスタートしたこの連載も今回が最終回。長友さんの仕事や子育てに対する考え方、そして家族への思い、将来のビジョンなど盛りだくさんにお届けします!

関連→たまひよ25周年特別企画「#ミライ育児」で投稿しよう!

「今」を大事に。 家族の笑顔や子どもの成長を感じる 幸せな時間のために 日々、挑戦し続けます!

 今年2月に父親となった長友さんは、プロサッカー選手の傍ら、経営者や指導者、開発者としての顔もお持ちです。そんな長友さんに、「今」と「これから」の家族や子育て、仕事への思いを伺いました。

「僕は、本業であるサッカーとほかのビジネスの両方を成功させるなんて、甘い考えだと思っています。ただの欲張りではどちらも中途半端になってしまいます。ただ、僕が取り組んでいるビジネスはサッカーとかけ離れたものではなく、ヘルスケアやサッカースクール事業です。もちろん会社経営も決して甘い世界ではないし、成功しているとも思っていませんが、チャレンジすることに意味があります。これは育児にも言えることですが、『いつかは』とできることを後回しにしないで、今、動くことが大事だと思うんです。時間には限りがあるし、自分自身も年をとっていきます。だから、サッカーを引退してからでは遅い。子どももどんどん成長していくので、その一瞬一瞬を見逃したくない。そのためには子育ても『いつかは』では駄目ですね、今、しないと。経験すべてが心の糧になると思っています。今は、サッカーに100%以上のエネルギーを注ぐというベースを変えませんが、もしサッカーができなくなっても生活していかなければいけない、家族や仲間を守らなければいけない。そのためには、自分自身が今のベストを尽くして、日々開拓していくしかないんです。僕の場合、基本はサッカー選手として人間性を磨き、さらにビジネススキルや子育てを含めさまざまな経験を積み重ねたら、“錆びない”人間になれる気がするんです。今は時間の許す限り、トレーニングしたり、勉強したり、いろんな人に会ったり、育児という貴重な経験も積んでいきたいと思います。子どもが生まれてから、ますます“時間はいくらあってもたりない”状態です。時間が限られているからこそ、子育てや家族との時間を含め、経験に制限はかけないで、なんでもやっていきたいと思っています」

「世の中がどんなに便利になっても、夢や目標を追いかけて、がむしゃらに頑張る時間、家族の笑顔や子どもの成長を感じて幸せな気持ちになる時間、この『時間』にはみんなの健康な『心』が働いていると思います。自分がそんな『心』を動かすきっかけ、原動力となる存在でありたいという思いで、サッカーもビジネスも、子育てにもどんどん挑戦していきます!」

 何があろうと常に前を向き「生き生き」とした熱き表情で、子育てやサッカーについて語る長友さん。2020年の東京オリンピックや2022年のFIFAワールドカップも、父親・長友佑都選手の活躍に期待し、応援していきましょう!

今月のイチ押しショット

「パパデビューしてから日々悪戦苦闘しています」と言いながらも、とっても楽しそうな長友さん

「練習から帰ったら、男の子なのにこんなかわいいヘアバンドつけられてたぞ」なんだか体幹トレーニングしているようにも見えるショット


PROFILE
長友 佑都(ながとも ゆうと)
1986年生まれ、愛媛県出身。プロサッカー選手、日本代表として活躍。現在、トルコのガラタサライ・スポル・クリュビュに所属。ポジションはディフェンダー及びミッドフィルダー。2017年に女優・タレントの平愛梨さんと結婚し、2018年2月に第一子・長男が誕生。公式サイトhttp://yuto-nagatomo.com/

撮影/久富健太郎(SPUTNIK) スタイリスト/池田 敬 ヘアメイク/高取篤史(SPEC) 文/竹腰奈生 デザイン/高木秀幸(hoop.)

関連→たまひよ25周年特別企画 #ミライ育児 パパ長友の「感謝の気持ちが子育てのパワーの源!」

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事