1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 大田区ママ&保活アドバイザーに聞いた!リアルな保活体験談と保活成功に向けたコツ

大田区ママ&保活アドバイザーに聞いた!リアルな保活体験談と保活成功に向けたコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monkeybusinessimages/gettyimages

仕事復帰を考えているママにとって、産休中から頭を悩ませる“保活”。未就学児の数が都内有数の大田区で保活を乗り越えるためには、どのように取り組んだらよいのでしょうか。実際に保活を経験した大田区ママと、保活アドバイザーの長岡美恵さんに話をうかがいました。

関連:【大田区の保活】競争率は地区ごとに格差も!保活アドバイザーからの傾向と対策

一人で動きやすい妊娠中から認可外の見学・申し込み…大田区ママの保活体験談

大田区での保活を経験したママに、取り組んだ保活内容やこれから保活をおこなう方へのアドバイスについて教えていただきました。

[洗足駅]認証保育園・0歳児クラスに入園

●妊娠中に認可外保育園を見学
「出産が11月だった為、認可保育園は見学及び申込はせず、出産前の9月~10月に認可外保育園4園を見学して申込みをしました。産後になって、申込ができた認証保育園の二次募集に応募したところ内定をいただきました。家が近かったのと、まだ月齢が低かったのが良かったのではないかと思います。入園時は低月齢で不安でしたが、同じクラスの月齢が高い子どもたちに良い刺激を貰っているようです。」

●給食事情や園長先生の人柄をチェック
「10月になると見学会はすぐ一杯になってしまうようなので、早めの行動が良いと思います。一人で動きやすい妊娠中に見学に行くのが特にオススメです。保育園を見学するときには、設備面として特に給食事情(手作り、宅配弁当、など)やプールの有無など、資料を参考に確認しました。教育面としては、園長先生のお人柄をよく見ておくと良いと思います。」

保活スケジュールや保育園の選びかた…教えて!保活アドバイザーさん

初めての“保活”となると、スケジュールや保育園の選びかたなど、分からないことばかり。保活に悩むママたちから寄せられたギモンについて、保活アドバイザーの長岡さんに回答していただきました。

[Q]11月生まれの保活はいつ始めたらいい?

「子どもが11月産まれの予定なのですが、いつ頃から保活を始めるべきか分からず悩んでいます。妊娠中から始めている方もいるようで、少し焦ります。産まれたらすぐにでも行動すべきなのでしょうか?アドバイスをお願い致します。」

[A]できるだけ前倒しスタート、そして作業をシェアしておくこと

「大田区では、ちょうど10月~2月にかけて4月入園の申込み期間となっているため、秋・冬にご出産予定の場合、ちょうどその時期は、身動きが取りづらかったり、ゆっくり情報を集めたり見学したりする時間が取れない状況になります。このため、あらかじめそうした事情を見据えて、希望する保育園の申請・入園時期に合わせて、妊娠中から配偶者やパートナーと協力し合い、できるだけ前倒しで保活を進めて行きましょう。こうして、家族で保活の作業をシェアしておくことで、例えば1人が動けない時期にももう1人がサポートできる体制づくりにもつながります。

なお、認可外への申込みに関しては、早く活動を始めた方が選択肢は広がるのは事実ですが、園ごとの選考基準は様々ですので、あまり焦りすぎず、各ご家庭の価値観やペースも大切に、できる時にできることを進めて行きましょう。また基本的に、希望する保育園はすべて見学をすることをお勧めしますが、どうしても時間が足りないと言う場合は、優先度を付けて、限られた時間を有効に使えるように活動していきましょう。」

[Q]行きたい園or入りやすい園、どちらを選ぶ?

「親が通わせたい順に希望を書くか、入園できそうな可能性が高そうな順に希望を書くか、悩んでいます。区立区営園よりも、区立民営園や私立の方が、運動や英語教育に力を入れていて、子どもにも良さそうと考える一方で、その分希望者も多いため、入園できず、待機児童になる可能性も高くなってしまいそうです。」

[A]まずはたくさんの希望条件に対して優先順位付けすること。

「大切なお子さんが毎日通う保育園ですから、園に対して『あれがいいのではないか』『これがいいんじゃないか』と色々な希望が湧いてくることと思います。大切なことは、それらたくさんの希望条件に対して『どれがどれくらい大切なのか?』と自問自答し優先順位付けすること。例えば、希望する時期に入れることが最も大切(つまりボーダー指数で入れる確率が高そうな園)なのか、通いやすい場所にあることが重要なのか、あるいは、保育内容としてこれは絶対に必要で、何は無くても良いことなのか、などを整理していきます。これは、配偶者・パートナーとしっかり話し合って決めていくことも大切です。

『何を大事にしなければいいのか分からない』と言う方もいるかもしれません。そのような方には、まずは色々な保育園を見学してみることをお勧めします。毎日子どもを連れて通うことをイメージしながら通園路を確認したり、様々な保育園を見たりすることで、『ぜひこんな園に通わせたい』『こんな園はちょっと厳しい』など自分の中での保育園を選ぶ基準が醸成されます。それによって、希望する保育園の順位も大体定まってくることでしょう。」

[Q]これから仕事を始めたいのだけど入園できなさそう。

「認可保育園は、現在専業主婦でこれから仕事をしようと思っている私は入園が難しいと思います。でも、認可外保育園に入れて働いても、保育料と収入が同じくらいになってしまいそうで…。それなら専業主婦のままでいて、幼稚園に入れるほうがいいのかなとも思います。生活にもっとゆとりを持たせて、子どもの貯金をしてあげるためにも働きたいのですが、収入が保育料と変わらないのなら、一緒に過ごす時間を増やしたほうがいいのかなとも思います。認可外保育園のことを何も知らないので、どういうシステムなのか、保育料がいくらくらいなのか知りたいです。」

[A]選考では不利だが倍率によっては入れる場合も。

「認可保育園の選考は指数が高い方が優先となるため、復帰先が決まっている方と比べると、求職中や内定の場合は確かに不利ではあります。ただ、エリアや年齢によっては倍率がそれほどでもない場合もありますし、年度途中に定員に空きが出るなどにより入れるケースはあります。また、お仕事をしたい・復職してキャリアアップしたいという場合、仕事を再開するにしても、ブランクは短い方が有利な条件で復帰がしやすく、また不安定な雇用条件では、生涯賃金で大きく差が出てしまうのが日本の現状です。
さらに大田区では、選考の優先度として『入園・転園・あっせん申込後の待機の状況』を加味するとしているので、認可・認可外に関わりなく、希望の入園時期に合わせて早めに申込みすると後々有利になるでしょう。

なお、認可外保育園の保育料は自由に設定できるので、高額な施設もあれば、そうでない施設もあります。東京都福祉保健局が公開している『認可外保育施設一覧』や都の保育施設検索サイトの『こぽる』などを活用して、通えそうな園について保育園のHPを調べたり、見学説明会を予約したりして、色々な施設を見てみましょう。また大田区では認証保育所の保育料を補助する制度もありますので、大田区のホームページで詳しく確認してみましょう。」

■監修:一般社団法人ソーシャル・エンパワメント代表理事 長岡美恵
保育士。 シンクタンク、ボストン・コンサルティング・グループを経て2014年より現職。保育園の運営経験も踏まえ、保活アドバイザリーサービスやセミナー等を通じて個人・法人向けの保活支援を行っている。

関連:我が家が「保活」に成功したヒケツはこれ!~やっておいてよかったこと8選~

■おすすめ記事
保育園と幼稚園と認定こども園、何がどう違う?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事