1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. もっといいパパになりたいパパの心がけ3カ条

もっといいパパになりたいパパの心がけ3カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ulza/gettyimages

自分はいいパパでいるつもりなのに、ママはちっとも評価してくれない。「自分はこんなに頑張っているのにー!」と叫びたいパパ必見。ダメなパパはいいパパに、いいパパはもっといいパパになれる3カ条があるとか!? 「パパの心がけ3カ条」を提唱するのは、3男の父親であり、保育士のキャリアも持つ大阪教育大学教育学部准教授(家政教育講座)の小﨑恭弘先生。心して聞きましょう。

関連:旦那へのイライラがとまらない・・・心理カウンセラーが教える解消法とは

その1、赤ちゃんと一日お留守番すべし

ママがいつもしている育児、家事がどれだけ大変か。その大変さは、パパの想像をはるかに超えています。パパが頑張っているといっても、それは想像の2~3倍くらいがいいところかもしれません。
本当の大変さを肌身で感じることができるのが、赤ちゃんと2人だけのお留守番。一日お留守番をすると、授乳の時間、おむつ交換の時間は待ったなしでやってきますし、いつ泣き出すかは予想もできないことがわかります。掃除や洗い物、洗濯をして、あれよあれよという間に一日が終わるでしょう。


パパが「自分は頑張っている」と思っていても、ママにそう思われていないのは、パパの育児や家事が表面的な手伝いにとどまっていて、本当の大変さがわかっていないからなのです。

その2、子どもの成長を一緒に喜ぶべし

パパのよくある勘違いは、「家事と育児を手伝えば自分は完璧だ」というもの。実はママたちが本当に求めているのは、そこではありません。家事や育児は当たり前で、その先の共感や一体感を求めているのです。ここにパパが気づくことができるかどうかが、最大のポイント。

たとえば、「今日こういうことができるようになったよ」とママに言われたら、一緒に喜べるかどうか。「うまく離乳食が進まないんだよね…」という悩みや苦しみを一緒に分かち合い、どうすれば乗り越えられるか、一緒に考えるということ。ママが「この家族でよかった」という一体感を得られれば、幸せな家庭のいいパパに近づけるでしょう。

ちなみに、つい言ってしまいがちな「仕事で疲れているから」は、NGワードです。共感していないことをわざわざ口にしているようなものなので、今日から絶対に言わないようにしましょう。

その3、「やってますアピール」はするべからず

パパがやりがちなミスといえば、「やってますアピール」。おむつを替えている俺アピール。子どもと遊んでいる俺アピール。寝かしつけをしている俺アピール。それをやっている最中も、終わった後も、わざわざアピールする必要はありません。アピールがなくても、ママはパパの育児ぶり、家事ぶりをしっかり見ています。

仕事に置き換えてみるとわかりやすいでしょう。仕事ができる人は、わざわざアピールしなくても、まわりからしっかりと評価されます。逆に、たまに何かしたからといって、アピールばっかりしている人がいたら、どう思いますか? アピールパパは、それと同じなのです。パパの努力はアピールしなくてもママに伝わっているので、もっと自信を持ちましょう!

関連:「1日中家にいるのにどうして散らかってるの?」妻がキレた”夫のひとこと”

パパにとっては耳の痛い話が多かったかもしれません。でも気をつけるポイントとしては、それほど多くないはずです。どれも今日からできることなので、この瞬間から心がけたいものです。忘れそうな人は、3カ条を壁に貼っておきましょう。決してアピールと思われないような場所に…。(取材・文/香川 誠、ひよこクラブ編集部)

監修/小﨑恭弘先生
大阪教育大学教育学部教員養成課程准教授(家政教育講座)。西宮市初の男性保育士として活躍したのち、大学の准教授やNPO法人「ファザーリング・ジャパン」の顧問として活動中。3男の父。

参考/ひよこクラブ2015年6月号「父親子育て道場」より

■おすすめ記事
<PR>“すき間時間”を上手に使って育児を楽しく! ワーキングママのテクニックを公開

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事