1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. <PR>2歳のうちに伸ばしておきたい”6つの見えない力“

<PR>2歳のうちに伸ばしておきたい”6つの見えない力“

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monzenmachi/gettyimages

0さいから1歳代は“立っちやあんよができた!”など、身体的発達が著しい時期ですが、2歳代は頭や心の内面がぐんぐん成長する時期。自我が芽生えてイヤイヤが始まるほか、好奇心や探究心が強くなってきて、親が「危ないからやめよう!」と注意したくなるようないたずらをすることもしばしば…。ママ・パパが手こずることも増えてきますが、2歳代ではこうした経験を通して、目には見えないさまざまな力が着実に育っていきます。
目には見えない力の中には、ママ・パパが上手にかかわって伸ばしてほしい力も含まれています。2歳代のうちに伸ばしてほしい、6つの見えない力を紹介します。

未来につながる、2歳の見えない力って何!?

子どもには見える力と、見えない力があります。見える力とは、①言葉の多さ、②文字が書けること、③数が数えられることなど、できる・できないがすぐにわかる力のこと。一方、見えない力とは、思いやりの心や好奇心、想像力、表現力といった、目には見えないけれど、生きていく上で欠かせない力のことです。
この見えない力は、将来の「生きる力」の土台にもつながります。幼少期から見えない力が身についていると、どんなことにも自ら積極的に、楽しみながら取り組めるようになります。小学校入学以降の学びにもプラスの影響を与えることでしょう。見えない力を身につけることは、社会に出てからもきっと役立つはずです! 
2歳のうちに伸ばしてほしい、6つの見えない力を具体的に紹介します。

1.人とかかわる力

人とのやり取りの楽しさを感じられ、ルールを守って、仲良く遊べる力。

2.やさしい気持ち

人の気持ちを想像でき、喜びや悲しみを人と分かち合える力。

3.試し考える力

自分なりに工夫してアレンジしたり、自分で比べたり、確かめたりする力。

4.頑張る姿勢

苦手なことにもチャレンジし、「できた!」をイメージして頑張れる力。

5.表現力

自分の思いを人に伝え、感じたことを自由な感性で形にできる力。

6.好奇心

「なぜ?」をたくさん見つけられて、新しいことに興味をもって取り組める力。

2歳代はイヤイヤモードにさせないことがポイント!

“未来につながる、2歳代の見えない力って何!?”参考になりましたか。これらの見えない力は、ママ・パパが上手にかかわることで育まれていきますが、2歳代はイヤイヤ期真っ最中! 突然「イヤ!」と反発したり、自分の思い通りにいかないと泣いたり、怒ったりしてかかわり方が難しい時期でもあります。
「子どもの見えない力を伸ばしたいけれど、どうかかわっていいのかわからない…」と悩むママ・パパにおすすめしたいのが「こどもちゃれんじ ぷち」。2歳代の子が夢中になって取り組み、見えない力を伸ばす教材が毎月届きます。

「こどもちゃれんじ ぷち」は、2つの工夫で見えない力を伸ばします♪

2歳代は好奇心旺盛な時期。「こどもちゃんじ ぷち」は、①2歳専用の遊びで「やりたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す、②親子で楽しくやりとりできる――2つの工夫で、子どもの自信と意欲を育み、見えない力を伸ばしていきます。

クリスマスギフトにもぴったり! “クリスマス特別号”にも注目!

“試して考える力”を育む「クリスマス知育パズル」や、“表現力”を養う「1さいのクリスマスうたえほん」などがセットになった「クリスマス特別号」は、クリスマスプレゼントにもぴったり! 12月18日(火)までに申し込むと、クリスマスまでに届きます。


さらに詳しい情報は、「こどもちゃれんじ ぷち」をチェックしてみて!

子どもの教育は、文字が書けたり、数が数えられたりなど、つい見える力ばかりに目がいってしまうことが。しかし、ベネッセ教育総合研究所の、年少児が小学校2年になるまでの5年間を追跡した調査によると、幼児期の育ちが小学校低学年の学習の土台になることがわかっています。この学習の土台となるのが、実は“見えない力”。将来の学びには絶対、必要な力とされています。見えない力は、素直で、好奇心や探究心が強い2歳児だからこそ、ぐんぐん伸ばすことができるといえます。そうした2歳代の時期を、親子で楽しみましょう!(取材・文/麻生珠恵)

取材協力/こどもちゃれんじ

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る