1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. <PR>2歳の“魔”をかわしながら、力を伸ばす方法

<PR>2歳の“魔”をかわしながら、力を伸ばす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vadimguzhva/gettyimages

ちまたで2歳代は「魔の2歳児」ともいわれ、子育てが大変になってくる時期。イヤイヤ期に突入すると、突然「イヤ!」と反発したり、泣いたり、怒ったりして、ママ・パパを困らせる場面も増えてきます。しかし2歳代は、脳や心が急速に成長する時期。だからこそ伸ばしてほしい力があります。未来につながる2歳代だからこそ、伸ばしてほしい力を紹介します。

2歳代で伸ばしたい! 未来につながる力とは!?

2歳代で伸ばしてほしいのは、次の6つの力です。

1)人とかかわる力/人とのやりとりや楽しさを感じられて、ルールを守り、仲よく遊べる。
2)やさしい気持ち/人の気持ちを想像でき、喜びを人とわかちあえる。
3)試して考える力/自分なりに工夫をし、自分で比べたり、確かめたりする。
4)頑張る姿勢/苦手なことにもチャレンジし、「できた!」をイメージして頑張れる。
5)表現力/自分の思いを人に伝え、感じたことを自由な感性で形にできる。
6)好奇心/「なぜ?」をたくさん見つけ、新しいことに興味をもって取り組める。

これらは保育園や幼稚園、こども園などでの集団生活の中で必要とされる力で、将来の生きる力の土台にもなります。また読み書きのように、できる・できないがひと目で判断できないので、“見えない力”ともいわれています。以下で紹介する2つのポイントを心がけると“見えない力”がぐんぐん伸びていくでしょう。

point1.遊びの中で「やってみたい!」を引き出す

ママ・パパに「やりなさい!」と言われて、興味がないのに無理に取り組んでも、子どもの成長にはつながりにくいでしょう。また、イヤイヤ期になると「やりなさい!」と言っても、動いてくれない子も。そのため子どもが自ら興味をもって「やってみたい!」と感じられる遊びを通して、見えない力を伸ばしていきましょう。

point2.親子のやりとりの中で、自信を持たせて視野を広げる

2歳代の力を伸ばすには、ママ・パパが指示をして「やらせる」のではなく、親子で一緒に遊んで、楽しみを共有することが大切。その上で「できたね!」「すごい!」「こうしたらどうなるかな?」など、子どもの言動を認めたり、新たな気づきにつなげたりする言葉かけを意識して!

2歳代の力を伸ばすには、子どもの興味を引くことがポイント!

2歳代は好奇心や探究心のかたまり。子どもは、自分が興味のあるものだと「どうなっているんだろう?」「なんでできないんだろう?」と考えて、好奇心や頑張る姿勢などを自ら培っていきます。しかし、子どもが自ら興味を持つように仕向けるのは、意外と難しいもの。新しいおもちゃを与えても興味を示さなかったり、何回か遊んだらすぐに飽きてしまったり…という経験はないでしょうか? そこで、おすすめしたいのが「こどもちゃれんじ ぷち」です。2歳の子が興味をもち、夢中になって取り組む教材が、毎月届きます。

「こどもちゃれんじ ぷち」は、2つの工夫で子どもの力を伸ばします♪

「こどもちゃんじ ぷち」は、2歳の今にぴったりの遊びがいっぱい! ママ・パパとのやりとりが楽しめる「音でなりきりキッチンセット」や、色や大きさの違いが理解できる「いろっぴのマトリョーシカ」などの教材を通して、人とかかわる力や試して考える力など、2歳で伸ばしてほしい力を育みます。

さらに詳しい情報は、「こどもちゃれんじ ぷち」をチェックしてみて!

2歳代の力を伸ばすときに、最も大切なのは“やってみたい!”という気持ちを引き出すこと。「○○しなさい!」というトップダウン的な言葉かけを繰り返していると、考える力や判断力、想像力などのベースとなる“語彙(ごい)能力”が低下することがわかっています(お茶の水女子大学・ベネッセ教育総合研究所共同研究より)。2歳代はイヤイヤ期に突入し、つい「○○しなさい!」「○○しちゃダメ!」と頭ごなしに言ってしまいがちですが、子どもの力を伸ばすには、ママ・パパの毎日のかかわり方がカギに。子どもに声をかける前に、「どうしたら興味を持ってくれるかな?」「こっちなら喜ぶかな?」など、少し考えるくせをつけるといいかもしれませんね。(取材・文/麻生珠恵)

取材協力/こどもちゃれんじ

■おすすめ記事
毎月豊富なテーマ、遊びでお子さまの成長をサポート|1・2歳向け<こどもちゃれんじ>

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る