1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 家庭でも、会社でも、ペーパーレスが進行中!

家庭でも、会社でも、ペーパーレスが進行中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pinkomelet/gettyimages

【12月16日は紙の記念日】現在にもつながる製紙工場が運転を開始

1875年12月16日、東京の王子に作られた「抄紙会社」の工場が営業運転を開始。「抄紙会社」は明治の実業家である渋沢栄一によって設立されたもので、現在の王子ホールディングスの前身にあたります。このことにちなんで、12月16日は「紙の記念日」となっています。

こちらもおすすめ→ やばい! 母子手帳が真っ白! 子どもの成長記録つけていますか?

ペーパーレスによって、新たな心配も……

渋沢栄一が製紙事業を興したのは、近代化を進めるには、書籍や新聞などの印刷物を普及させることが必要だと考えたからだそうです。
そして現代は、むしろ近代化が進んだ結果「紙」を使わない「ペーパーレス」が進んでいます。「ペーパーレス」の波は、ママたちのところにも届いているようです。

こちらもおすすめ→ ついに登場?! AIで赤ちゃんの泣き声から感情を分析する神アプリ


「夫の会社は給与明細がペーパーレスで、毎月会社でプリントしたものを持ってきてくれます」

「私の夫の会社も給与明細はペーパーレスで会社のイントラネットでしか見れないようです。住民税決定通知書は紙でもらってきます」


給与明細のペーパーレス化は進行しているようで。
ついついたまりがちな明細、書類などをペーパーレスにしている人もいますよね。


「クレジット関連の明細、請求内容はすべてネット上のみ。ペーパーレスにしています」

「育休中で、復帰する際にタブレットPCを購入し、ペーパーレスを図ろうとしています。
会議の紙の資料をデータにして保存

そのデータを会議中ペンタブで補足
といったことを考えています」


エコで家も片づくペーパーレス。いいことばかりのような気もしますが、こんな心配も!

「今ってペーパーレスの時代でスマホもIDとかログインとか必要ですよね。
ふと思ったんですが自分にもしもの事があった時、子ども達や夫にも分かるようにしとかないと、月額お金がかかっちゃうな~と思いました」

確かにデータにはすべてカギがかかる時代……。安全のためではありますが、いざというときは「紙」で残すのがよさそうな気もしますね。
(文・古川はる香)

■関連:子育てママ、主婦が「これ使える!」と口コミ★お役立ちアプリとは?

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
“教えてくれない”は危険?! 夫の収入を妻が把握してる理由・把握してない理由

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事