1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 意外にやってるママ多し?メイクの救世主・マツエク

意外にやってるママ多し?メイクの救世主・マツエク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

belchonock/gettyimages

【12月19日はまつ育の日】毎日負荷をかけているまつ毛を労わって

オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社によって12月19日は「まつ育の日」に制定されています。日本中の女性たちにまつ毛をケアして育てる「まつ育」を啓蒙していくことを目的とした日で、この日が選ばれたのは「まつ(12)いく(19)」の語呂合わせから。

こちらもおすすめ→ 髪の毛だけじゃなかった!妊娠・出産で寂しくなったまつ毛は「まつ育」コスメで救済!!

マツエクを続けるために「まつ育」も必要?

メイクでも要になりがちなまつ毛。産後はなかなかメイク時間がとれないということで「まつ毛エクステ」にトライするママもいますよね。

こちらもおすすめ→ メイクのりが劇的に変わる♪キレイママの新常識は「朝の◯◯洗顔」


「出産してから、マスカラとか目元にかけるメイク時間が面倒だなーとマツエクしてました!子どもを夫に預けてゆっくりマツエク」

「30代後半ですが、まだマツエクやってます。独身の頃より頻度少なくなりましたが、2ヶ月に1回くらいは。取れてきたら、マツエクキットを買ってあるので、隙間は自分でつけたりも」

「40代前半、小学生2人の子どもがいます。マツエク、80本くらいのナチュラルな感じで付けています。特に夏は、友だちと子どもを連れてプールに行ったりするので必須です。出勤が朝早いので、マツエクしてる方が、時短でいいんですが、経済的には…(^^;」


マツエクを続けるためにも「まつ育」はやはりしておいたほうがいいよう。

「まつ毛の育毛剤使っています。定期的にまつげパーマをしてますが、『長いですね~』と褒められます!私には効果ありです」


まつ毛パーマ派も。

「マツエクはすぐにチクチク痒くなっちゃうし、アレルギーもあり合わなかったのでやめました。アラフォー、まわりはみんなまつ毛パーマ派です。短くても少なくても、長く多く見えるので」


肌の状態によってはどれも選べない人もいるようです。

「マツエクもつけまつ毛も目が腫れて大変でした。マスカラもうっかり皮膚の部分に触れると腫れたり痒くなるので極力つけません。選択肢があって羨ましい!」

「きれいでいたい」気持ちには、ママかどうかも年齢も関係ない! そう思います。
(文・古川はる香)

■関連:毎朝、面倒な化粧…。スッピンでどこまで行ける?【子育てママの実態調査】

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
こっそり教えたい!我が家の家事の救世主「買って良かった」アレ!

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事