1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 今年も届きました~! インパクトのある年賀状

今年も届きました~! インパクトのある年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

y-studio/gettyimages

1月1日は「元旦」

1948年(昭和23年)に施行された祝日法により、年のはじめを祝う国民の祝日として「元旦」と制定されました。それまでは「新年」という祝日でした。
ちなみに、元旦の旦は、日の出を意味し、元旦は「1月1日の朝」を意味します。

こちらもおすすめ→ わが家のお正月ってフツウじゃない?「驚きのお正月の過ごし方」

こんな年賀状、あり?なし?

正月の楽しみといえば、おせち料理にお年玉。とはいっても、主婦にとっては気を遣う義実家への帰省に、親戚へのお年玉などなど、憂鬱な日々の方も多いようです。
そんな中、届いた年賀状を見るのは、誰もが楽しいものですよね。
それもインパクト大な年賀状は、笑いあり、苦笑いありで、楽しさ倍増!

こちらもおすすめ→ お正月太りのリアル!体重は戻った?【5942人のママに調査】


「子どもが部活でレギュラーになったけど大会では惜しくも何位だったとか、○○委員で一年頑張ったなどの成長記録と、妻との1年をどう過ごしたかが葉書一枚に小さな字でびっしり印字。家族みんなで『また来たぁ~』と苦笑い」


まさに、あるある年賀状。子ども自慢はほどほどに。


「自分は医療系会社役員、長男は医者、次男は会社役員、三男も医者、そして、孫たちは東大! すばらしい経歴が書いてある〆が、“不出来な私達”。思わず2度見しました!」


自慢なのか、ボケたつもりなのか…。


「毎年、海外旅行での家族写真入りの年賀状が届きます。本年もよろしくお願いしますなどというおなじみの文言は一切無く、ひたすら、ハワイにて。凱旋門にて。グランドキャニオンにて。そのうち昭和基地にて、なんてのが来たらマジリスペクト!」


海外旅行自慢、あるある~。


「60才代の元同僚から、ひとりの満面の笑みのピース写真。そこに添えられた文面には“夫を捨てました”。キラキラ感&やり切った感ハンパない。。。一緒に見ていた夫がボソっと『こわっ』」


年賀状の近況報告はあるあるですが、これほど痛快な報告は初! センスありますね(笑)。

「手書きのコメントで、“そちらの景気はどうですか? こちらはズンドコです”。きっと“どん底”と言いたかったのでしょうね。しばらく頭の中で♪ずん、ずんずん、ずんどこ、キ・ヨ・シィ~♪のフレーズがぐるぐるしていました」


何度見てもふき出してしまう年賀状ですね。

「裏を見ると何も印刷されていないまっ白な年賀状が届きました。たくさん印刷して、間に挟まったまま印刷されなかったのでしょう。自分もやりそうなミスに、元旦から笑顔になりました」


自宅でプリントするときにやりがちなミス。ほかにも自分の名前を印字し忘れた差出人不明の年賀状だったり、離婚した友だちに、別れた旦那さんとの連名で出してしまったり…。

「申年のときには猿の着ぐるみで鼻に割り箸をさしてひょっとこのような顔をしたドアップの写真付き年賀状。酉年はやはり着ぐるみで例年にひけをとらない爆笑写真付き年賀状。彼女の年賀状を見るととても心が和みます」


手にして心なごんだり、心があたたかくなる年賀状がいちばんですよね。
年賀状でしかやりとりのない人もたくさんいて、今年はやめちゃおうかなぁと思うこともありますが、こうして年賀状を見て笑ったり、批評したりしていると、やっぱり続けていこうかなと思ってしまうんですよね。
(文・井上裕紀子)

■関連:[うちのこと。子ども2人育ててます!#72] 年末年始!親戚の優しさ!

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
赤ちゃんってどうやってできるの?「 性」にまつわる質問にどう答えてる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事