1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 夫の枕が臭い!なんとかしたい、夫の加齢臭! 

夫の枕が臭い!なんとかしたい、夫の加齢臭! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

damedeeso/gettyimages

1月6日は「枕の日」

枕は英語で「pillow(ピロー)」と呼ぶことから、1をピンの「ピ」と読み、6を「ロー」と読んで「ピロー」となる1月6日が、「枕の日」になりました。
枕は、毎日毎晩、常に長い時間触れるもの。枕の形や高さひとつで体調を左右するもので、健康を支えるグッズといっても過言ではありません。
その大切さを見直し意味でも「枕の日」が制定されました。

こちらもおすすめ→ いつまでも若くいたいけど……「ママたちが老化を感じる瞬間」

30代後半からやってくる女性の加齢臭

枕といえば、夫の加齢臭を連想するのは私だけ?
口コミサイト『ウィメンズパーク』でも、

「枕カバーを洗った後でも、夫が一晩寝ると臭い!」

さらには、

「夫が寝ると、朝に寝室が臭い!」

といった、加齢臭のお悩み(愚痴)がたくさん寄せられています。

こちらもおすすめ→ ママ友に年齢を聞く?聞かない? アラフォー&アラフィフママの年齢公表問題


「部屋に残った夫の加齢臭には冷蔵庫用キムコが効きます」

「夫のニオイ対策、ママ友に勧められた柿渋ボディソープは効果ありでした」

「40歳からの体臭を抑えるとうたっている、甘草エキス入りのルシードはおススメ」

「美容師さんから教わったのは、40度以上のシャワーを2分位臭いが出てくる首の後ろなどにしっかりあてるとよいとか」


加齢臭対策のケア用品や入浴の仕方で改善されるようです。
でも、そんな夫を責められるのはいまのうちかも!? 

「自分ではわからない臭いを放っていないか…、いつも気になっています」

ママにも自分の臭いを気にしている人が!

女性ホルモンが減少し始める30代後半から40代にかけて、女性にも少しずつ加齢臭が漂い始めます。
夫に「お前の方が臭い」と言われる前に、頭やTゾーン、脇、デリケートゾーン、耳の後ろ、胸や背中をしっかりケアしておかなければ…。
(文・井上裕紀子)

■関連:劣化も老化も食い止める!アラフォー主婦の「日々の心がけ」

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
「ママがいい!」から解放されたい!わが子をパパっ子にする秘けつは?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事