1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. <PR>あなたの町にも!? プレゼントつき・ひなまつり“「カルピス」絵本の家プロジェクト”

<PR>あなたの町にも!? プレゼントつき・ひなまつり“「カルピス」絵本の家プロジェクト”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの「カラダにピース」の「カルピス」が50年以上も前から、ひなまつりに、子どもたちをお祝いしてきたことを知っていますか? それは、全国の幼稚園・保育園を対象に、応募のあった全園へ園児一人1杯分の「カルピス」と、園児一人1冊ずつの「ミニ絵本」をプレゼントする「『カルピス』ひなまつりプレゼント」というもの。今年で100周年を迎える「カルピス」。ひなまつりに先立って行われた特別イベントに密着してきました。

「カルピス」100周年!想いをつなぐ、絵本でつなぐ“「カルピス」絵本の家プロジェクト”とは?

「カルピス」の生みの親である、三島海雲が「ひなまつりに、白酒の色に似た『カルピス』で乾杯したら、こどもたちは喜ぶだろう」と考え1963年から始まった「『カルピス』ひなまつりプレゼント」。海雲の想いを受け継ぎ、絵本の読み聞かせによって、子どもたちが心豊かに成長するとともに、親子の絆が深まればと願い、1982年から「カルピス絵本」を発行し、そのダイジェスト版の「ミニ絵本」を「カルピス」と一緒にプレゼントしています。

「カルピス」100周年の今年は、この想いをより多くの人に届けるため、“「カルピス」絵本の家プロジェクト”として、幼稚園や保育園の外にも拡大し、さまざまな場所で読み聞かせイベントが開催されています。
2月上旬、東京都内で「『カルピス』絵本の家プロジェクト」のイベントが行われ、たくさんの子どもたちとママ・パパが参加。絵本の読み聞かせに目を輝かせたあと、みんなで「カルピス」で乾杯しました!

▼“「カルピス」絵本の家プロジェクト”について詳しくはこちら
https://www.asahiinryo.co.jp/calpisehon/

つるしびなに願いを込めてみんなで飾ろう!

この日、会場にはつるしびなコーナーも。子どもたちがカードに「未来に向けた夢」を書き、飾ります。子どもたちの健やかな成長を願うひなまつり。そんな大切な人を想う時間に「カルピス」は寄り添ってきました。100周年を迎えるこの1年は、そんな人を想うきっかけとなる記念日に焦点を当てた「人を想う記念日ACTION!」を展開していく予定です。スタートとなるアクションが、「カルピス」がずっと大切にしてきた、ひなまつり。このひなまつりACTION!の一つとして、“「カルピス」絵本の家プロジェクト”があるのです。

2019年の絵本は、とってもかわいいお話『ちょっとだけ ちょっとだけ』

“「カルピス」絵本の家プロジェクト”で子どもたちに読まれる「カルピス絵本」は、出版社と協力し、毎年新たに発行されるもの。これまですでに、37作品が生まれています。2019年の絵本は「ちょっとだけ ちょっとだけ」(作:きむらゆういち、絵:まえはらあきこ、絵本ナビ刊)。うさぎの子どもたちがお留守番をしているときに、シチューを「ちょっとだけ」と言いながらスプーンでひとくち。そのときシチューが一滴たれて…。とってもかわいくほほえましいお話です。この日は地域の絵本読み聞かせボランティアの皆さん、声優さんたちが『ちょっとだけ ちょっとだけ』を含む4冊の「カルピス絵本」を情感たっぷりに読んでくれました。

「楽しかった!」 参加したママと子どもたち

「いつもはお昼寝をしている時間なので、ちゃんとお話が聞けるのか心配でしたが、読み聞かせの間ずっと集中して聞いていて、終わったら自分から『おもしろかったー』と言っていました。声優さんの声はすごい! 来てよかったです」(岩田知美さん、真央ちゃん・2才)

「『ひなまつりのちらしずし』というお話で、ひなまつりの意味がとてもよくわかりました。会場で「カルピス」を久しぶりに飲みましたが、あらためて飲んでみるとすっきり飲みやすくおいしいですね! 子どもにはのびのび明るくすなおに育ってほしいと思います」(高橋明美さん、慧ちゃん・2才)

「カルピス」は1919年に誕生した日本初の乳酸菌飲料。三島海雲がモンゴル高原で体調を崩し、遊牧民から振る舞われた発酵乳で体調を回復したのがきっかけ。その後、日本の人々を健康にしたいという海雲の想いから、研究が重ねられ、誕生したのが「カルピス」です。「カルピス」はおいしいだけではなく、体にうれしい飲み物でもあるのです。

▼今後の読み聞かせイベントに私も参加したい!という方はこちらをチェック
https://www.calpis100th.jp/hinamatsuri

※「カルピス」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。
※「カルピス」ブランドは1919年に誕生し、今年で100周年を迎えます。

撮影/橋詰かずえ

協力/アサヒ飲料株式会社 0120-328-124
(受付時間 9:00~17:00 休祝日を除く月~金)

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る