1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. <PR>楽しくて、子どもの気持ちも満足させる「幼児のみもの」のイベント

<PR>楽しくて、子どもの気持ちも満足させる「幼児のみもの」のイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月10日に大阪で行われた「たまひよファミリーパークin 大阪」。江崎グリコのブースでは、子どもたちが楽しみながら果物や野菜の収穫を体験できる「幼児のみもの園 収穫祭」が行われました。子どもたちの歓声があふれるブースで出会った、ママ・パパたちにグリコ「幼児のみもの」の魅力を聞いてみました。

達成感を味わえる、赤ちゃん・子どものための収穫祭イベント

「たまひよファミリーパーク in 大阪2019」の江崎グリコのブースには、赤い実がなったりんごの木、緑や紫の房をつけたぶどう棚、さまざまな野菜が植えられえた鉢など「幼児のみもの」シリーズに含まれている野菜・果物が並び、来場したファミリーの目を引きました。子どもたちはここにある野菜・果物をとることができるのです。収穫の楽しみを味わえるイベントは大人気。「こういう遊び、うちの子は大好きですね」とママ・パパたち。子どもだけではなく、赤ちゃんもママやパパに抱っこされながら、果物や野菜に手を伸ばして興味深そうにしています。

子どもの「できた」を応援する「幼児のみもの」

子どもは「自分でできた!」という達成感を糧にしながら成長していきます。果物や野菜を収穫し、満足そうな笑顔。赤ちゃん・子どもの「できた!」を応援するグリコ「幼児のみもの」との共通点を感じます。ママ・パパに、配布されていたチラシを見てもらいながら、「幼児のみもの」について聞いてみました。「ずっと『幼児のみもの』を飲ませています。かんでもつぶれにくいストロー。ぎゅっと握っても中身がとび出しにくい。倒してもこぼれにくいなど工夫がいっぱい。仲良く分けられる4本パックで、100mlの飲みきりサイズなのもいいですね」とママ。

子どもにぴったりな飲料だと思って愛用しています

10カ月になる希光ちゃんのママは「お出かけで、初めて子どもにジュースをあげたいと思ったときに、『幼児のみもの』のパッケージに果汁・野菜汁100%、香料・砂糖無添加と書いてあったので選びました」とのこと。パッケージには乳児用規格適用の表記も。乳児用規格適用食品とは、1才未満の子どもに与えることを目的として作られた食品で、放射能検査を厳格な基準で行っているのがポイントです。今回のイベントで、多くのママ・パパが「幼児のみもの」に関心を持ったよう。「『幼児のみもの』のジュースは6カ月から飲めるので、いずれ、下の子も飲ませたい」という声も聞かれました。子どもの飲み物は、安心できるものを与えたいという、ママ・パパならではの真剣な思いを知った一日でした。

▼赤ちゃん・子どもの「できた」を応援する「幼児のみもの」
詳しくはこちらをチェック>

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事