1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 主婦の知恵!「○○をしない」だけで家事が楽になるマイルール

主婦の知恵!「○○をしない」だけで家事が楽になるマイルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
vladans/gettyimages

6月1日は「いぐさの日」

畳の材料となるいぐさ。湿気をよく吸い、消臭効果があり、空気をきれいにするなど、いぐさは住環境にも良いことから6月の環境月間にからめ6月1日が「いぐさの日」に制定されました。
最近のマンションでは、畳の部屋が少なくなってはいますが、暑い夏の日、畳やゴザを敷いた部屋でごろんとするのは、涼やかで心地が良いものですよね。
住宅事情が許すならば畳の部屋は1つ欲しいものです。

こちらもおすすめ→家庭でのパパ、ママの役割分担。家事や育児はどうしてる?

主婦の知恵! ○○をなくせば家事が楽になる

いぐさといえば、畳。
畳といえば、たたみ。
たたみといえば、洗濯物をたたむ。
洗濯物のたたみ方って、人それぞれにこだわりがあるものです。
そこで、主婦のこだわり「長年主婦をやってきて、たぶんこの先ずっとこのやり方の家事」を聞いてみました。

こちらもおすすめ→粉末、液体、香りでこだわりが! わが家の洗濯洗剤ベストセレクション


「水切りかごがありません。ふきんの上に食器を置き、片付ければシンクまわりもすっきりです」

「三角コーナーは置かない。プラ容器にビニールをかけて作業台の上に。皮を剥く時とか、手前に移動できて便利」

「布巾を使わない。キッチンペーパーなら楽&清潔」

「台拭きはフードコートにあるような布じゃないダスターです。ニトリでロールになって売ってます。何日か使って汚れたらポイ。漂白の手間もなしです」


三角コーナーと布巾を使わないは多数。ぬめぬめした三角コーナーを洗う手間がなくていい!

「食器洗いは食洗機。なべも皿もカトラリーも食洗機対応しか買わない」

「魚を焼く時はグリルを使わず、フライパンにくっつかないホイルを敷いて焼く。お手入れがメチャクチャ楽!」

「食材ごとにまな板を洗うのって面倒…。なので肉や野菜はキッチンバサミで切って、まな板はほぼ使わない」


キッチン関係は、意外とちまちまとした面倒な作業が多いですものね。 

「夏はシャワーなのでカビる風呂のふたは撤去」

「お風呂場にはシャンプー、リンス、石鹸のみ。私物はカゴに入れて毎回持ち込み。お風呂場がスッキリし、掃除が楽チンです」


私物持ち込みの銭湯方式、名案ですね。ママのクレンジング、子どもが大きくなると自分だけのトリートメントなどなど、わざわざどかして掃除をするのが面倒ですから。

「トイレにカバー、マット、タオル、スリッパは使わない」

「トイレはスリッパなしでマット全面。前面に敷けばマット洗うだけで床拭き不要」

「サニタリーボックスは、使用済みの粉洗剤の箱。使ったらそのまま捨てる」


トイレ掃除もできればしたくない…。確かにカバーはなくてもいい気がします。

「カーテンの洗濯は重労働なので、リビングはレースのカーテンだけで厚地のカーテンを撤去。夜はシャッター閉めるのでカーテンはなくても困りません」

「リビングや各部屋にゴミ箱ないです! きれいに見える紙袋を置いて、そのままポイ」


○○をなくすことで、主婦の労力が軽減されます。

「夫の靴下は、同じメーカーの黒の1種類で統一。洗濯して組み合わせる手間が減り、片方だけ痛んでも、他の靴下と組み合わせればOK」

「各々の箸を準備するのが面倒なので同じ色の箸に揃えました。これで小さな子どもがいてバタバタするご飯支度時のプチストレス解消です」


ひとつに統一! 取り入れます!

どれも主婦のこだわりというよりは、長年の経験からいかに手間をかけず、楽にこなすかを追求ですね。参考になります!

でも、一方で
「洗濯物は色ごとに干す。グラデーションになるように干す。たまに夫や子どもが干してくれても、気になって並べ替えてしまいます」

「食器の洗いかごには、大きい皿から順に並べる。夫が洗うとバラバラなのですぐに拭いて片付けちゃう」


このように、長年主婦をやっていると譲れないこだわりもでてくるものですね。
マイルールに従って、今日も一日楽しく、楽に、家事をがんばりましょう!
(文・井上裕紀子)

■関連:「家事をしない夫に、家計費を8割負担してもらったところ…」共働き家庭の家事分担事情

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
ゲームとどう付き合う?依存しやすい子のゲームとの付き合い方・ルール決め

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事