1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. もはやビキニはありえない!?【アラフォーママの水着事情】

もはやビキニはありえない!?【アラフォーママの水着事情】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mykola Sosiukin/gettyimages

【6月8日は世界海洋デー】国の垣根を越えて海のことを考えよう!

1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国連会議」(地球サミット)での提案から、毎年6月8日は「ワールドオーシャンズデイ(世界海洋デー)」に。世界の海はつながっているもの。国を超えてみんなで海のことを考えようという日です。海を愛する人を中心に広がった取り組みは、世界100か国以上に広がり、現在では企業・NPO・団体などが海をテーマにしたさまざまな活動を実施しています。

こちらもおすすめ→【動画】春・夏・秋のスキンケアの基本!日焼け止めの塗り方を紹介

海、プールでは「ラッシュガード&ハーフパンツで完全防備」が定番スタイル

夏は海に出かける機会もあるもの。子どもたちは大はしゃぎで海水浴を楽しむと思いますが、ママたちはどうでしょう?
「日焼けがイヤ」「海水で日光で髪が傷む」という悩みに加え、ある年代を超えると「そもそも水着姿になることに抵抗がある」という声も。
そこでアラフォーママにどんな水着を着ているのか聞きました!

こちらもおすすめ→1歳児女の子のママ必見!ゆるカワ&プチプラ春・夏コーデ

「40代前半。2歳の息子がいます。
今までは年に一度着るか着ないか、毎年気にはなりつつも20代のときに買ったパステルカラーのセパレート水着をTシャツ短パンをはおってごまかしたりしてましたが、さすがに幼児がいたら今後は着る機会が増えるかなと購入を決意しました!!」

「もはや『水着!』という水着を皆様にお見せ出来る体ではありませんので…
20代の頃に海外で買ったセパレートの水着の上に、ラッシュガードを羽織り、防水(?)短パンをはく…というのが定番になりました。
…とても気がラクです 笑」

「同じく40代半ば、未就学児がいます。
ネットで5点セット!みたいなの買いました。
中はビキニっぽい感じですが、手の甲まで隠れるラッシュガード、ショートパンツとレギンス(?)付きです。
ほぼ完全装備…笑。
ビキニ姿になることはないと思われます笑」

「40代で、2パターン使い分けています。
スポーツブランドの半袖トップスとハーフパンツのセットは、フィットネス目的や、子どもと室内プールで泳ぐ用です。
ビキニのセット、プラスデニム風ショーパンボトムとパーカー型のラッシュガードは、リゾート系の施設や屋外のプールで使います。ビキニは独身時代のものですが(汗)、絶対ラッシュガードとショーパンは脱がないので、外見はパーカーとショーパンです」


ほぼすべての方が「水着は一応着ているが、見せるものではない」ということがわかりました!
ラッシュガードなどでがっちりガードが基本ですね。

ではラッシュガードの下に着る水着は20年前のビキニでもOK?

「外国のおばさまたちは何歳でもビキニ着てるの見ますしラッシュガード着るなら気にしなくてもいいんじゃないですか?」

「ネットで『ママ水着』で検索して出てきたワンピースを購入しました。
丈が長めのスカートでお値段が安かったので、買っちゃいました。
少し明るめの柄の方がリゾートっぽくてよいかなっと思ったので」

「それで良いんじゃないでしょうか?
私の場合、ラッシュガードに直接パットが入るので
ビキニの上すら無しでした~笑」

「トリンプの水陸両用ブラをしています。
これはパッドがとても固めなのですが、そのおかげでホールド力がありますし、胸の形がパッド(カップ)通りに綺麗に出るからです。
ちなみに下はフルバックタイプのパンツです。(尻肉がはみ出ないように)」

「私は、水陸両用のスポブラを着ています。
以前はビキニを着ていたのですが、首で吊るタイプ(わかりますかねf(^^;)で首や肩が凝るので買い換えました」


水陸両用のスポブラなんてものが!
ビキニの紐で肩が凝るのもわかりすぎます……。
ちなみにラッシュガード選びを含めてアラフォーママの水着選びにはこんな注意点が!

「水着はセパレート、
ラッシュガードとトレンカを履いています。
ただ最近太り過ぎたせいで
ラッシュガードもぴちぴちになって余裕が無く
段差になったお肉がぁぁあああ・・・見えてしまいます(´;ω;`)ウゥゥ」

「全身を覆うつもりで
ラッシュガード、スパッツ、短パンを買えば間違いありません。
あんまり、卑下しておとなしめを買うと
ご高齢のご婦人とお揃いになってしまうので
そこは気を付けて」

大胆にビキニでキメるのもあこがれますが、今どき日焼け防止のため子どもだってラッシュガード着用が当然です。自分がラクなスタイルがいいですよね~。
(文・古川はる香)

■関連:赤ちゃん・子どもの熱中症 けいれん、発熱など危険な症状と応急処置&熱中症予防

■文中のコメントはすべて、「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
なぜ寝ない?いつ終わるの… つらい夜泣き!みんなはどうのりこえた?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事