1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「連絡ノートを書く時間が負担です…」育休復帰3カ月目ママたちの苦悩

「連絡ノートを書く時間が負担です…」育休復帰3カ月目ママたちの苦悩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育休復帰3カ月目にはどんなことが起きたのか、先輩ママ達に「復帰3カ月目のあるある」を聞きました。

関連:こんなはずでは… 働くママが体験した「育休復帰3カ月目」

復帰3カ月目のあるあるエピソード

先輩ママたちから寄せられた、復帰3カ月目の「あるある!」は

●有休が足りるか不安に
●食事にできあいのものが増えた
●緊張感が切れてきて自分も倒れた
●もう慣れただろうと残業を頼まれる
●家事が回らず実家に駆け込んだ
●休日に家事ばかりする羽目に

など。
慣れてきたこともあれば、新たな課題もでてくる時期のようです。

また、この時期の「保育園に関するお悩み」について保育士さんに聞いてみました。

Q.連絡ノートを書く時間が負担です…

ーーー保育士より
保育園ノートを書くのが負担な時は「今日も元気です!」だけでもいいし、「書く余裕がありません」と伝えていただいても大丈夫です。その代わりに口頭で連絡事項を伝えてもらえれば、園で必要なお子さんの体調の把握はできます。ノートも家のことも「頑張りすぎない」くらいの気持ちでいられるといいですね。

Q.子どもの日中の様子などを聞きたいけれど、先生が忙しそうで声がかけづらいです…

ーーー保育士より
積極的に声をかけていただいて大丈夫です。忙しい時間帯でゆっくり話せないこともありますが、そのような場合は後日、空いている時間をお伝えしたりしています。また連絡ノートに質問や相談を書いていただいたり、「今日の夕方のお迎えの時に時間を取れますか?」などと書いてあればコミュニケーションがとれるよう準備をします。

仕事のパフォーマンスも視野に入れ、効率化を

「復職後3カ月に入り、少し慣れてくる頃。だから、そろそろ自分流のルーティンを確立できるといいですね」と語るのは、スーパーワーママとも呼ばれている人材採用コンサルタントの森本千賀子さん。

「仕事でも周囲を見る余裕が出てくる頃。周囲の先輩ママとランチなどしながら、参考になるような仕事や両立の取り組みを聞いてみてはどうでしょう。
パフォーマンスを上げるための効率化や仕組み化なども意識したい時期です。

一方、家庭では『家に帰ったら仕事用のスマホは見ない』というようにメリハリをつけるルールをつくるといいですね。私も復帰直後は、寝かしつけた後、夜起きて仕事をしていましたが、朝のほうが効率が上がるので朝型に。いろいろと試して自分流のスタイルを探ってみてください」

関連: 「家事をしない夫に、家計費を8割負担してもらったところ…」共働き家庭の家事分担事情

体験談やアドバイス、ぜひ参考にしてくださいね。(イラスト・中村久美/文・bizmom編集部)

■参考:「bizmom(ビズマム)」2019年冬春号 特集「祝!職場復帰スタートガイド」

■監修:森本千賀子さん All Rounder Agent/morichi代表 
幅広い企業の人材戦略コンサルティング、採用支援サポートなど様々な人材コーディネートに携わる。『1000人の経営者に信頼される人の仕事の習慣』(日本実業出版社)など著書多数。

■おすすめ記事
産休・育休中にやっておきたい!復職のためにできる準備

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事