1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 蛇やトカゲもかわいく見えてくる!わが家の珍しいペットたち

蛇やトカゲもかわいく見えてくる!わが家の珍しいペットたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンイグアナのクローズアップ、ホワイト
adogslifephoto/gettyimages

6月15日は「オウムとインコの日」

「オウム(06)」と「インコ(15)」の語呂合せで6月15日はオウムとインコの日。
すでに亡くなった鳥たちの供養と鳥たちの幸せを願い、飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を飼えなくなった方から保護するレスキュー団体TSUBASAが制定しました。
TSUBASAでは、様々な理由で引き取られた鳥たちが現在約150羽保護されているそうです。保護された犬や猫の譲渡会のように、鳥たちの新しい家族を探す里親制度を設けています。定期的に里親会が開かれているので、興味のある人は鳥たちに会いに行ってみてはいかがでしょう。

こちらもおすすめ→365日上野動物園に通うパンダウォッチャー、高氏さん。娘誕生でシャンシャン(子)よりシンシン(親)に感情移入

人気はお世話も楽な爬虫類

オウムやインコのほかに、最近はフクロウも人気のペットですよね。犬や猫も王道ですが、中には珍しいペットを飼っている人も。口コミサイト『ウィメンズパーク』でも珍しいペットを見つけました。

こちらもおすすめ→園の送迎時にもできる、「虫観察」、「道路の花摘み」。ぐっと広がる、子どもの世界

「わが家には真っ白な蛇がいます。飼って8年。目が赤目ではなく黒でクリクリしているので可愛いです。蛇もちょっと大きめの餌を食べるときは顔を真っ赤にして食べるんだなーって、白い蛇を飼ってわかりました(笑)」

白い蛇がいると、金運がよくなりそう。

「数年前は結構飼っている人がいた、ケツメリクガメを飼ってます。堂々の25㎏!ここまで育ったのはめったにいないみたい。」

25㎏とは!? ちょっとした子どもくらいの体重!?

「デグーを飼っています。においも少ないし、お世話も比較的楽。初心者におススメです」」

デグーとは、げっ歯目のヤマアラシ亜目のデグー科。チンチラやモルモットの仲間です。野生ではチリの山脈標高1200辺りの場所に生息しているそうです。大きさはハムスターよりやや大きめで、とにかく動きが愛らしく、懐くため人気上昇中のペットですね。

「河川掃除で、保護せざるを得なくなったアカミミガメがいます。以前、フトアゴヒゲトカゲを預かっていた時期もあります。共通するのはどっちも生餌……。餌代にガクブルです(笑)


カメやトカゲは寿命が長いですからね。餌代バカになりません。

「ヒョウモントカゲモドキ。動きがゆっくりで、小さいうちから飼えば可愛く見えます。お世話も楽で、成長したら餌をあげられない日が3・4日続いても大丈夫。においもないし、トカゲが平気ならオススメですよ」

「餌代などの心配がなければ、ボールパイソンを飼育したい。検討中です」



ボールパイソン!?
危険を感じるとボールのよう丸くなって頭部を隠すことからボールパイソンと言われているそうですが、日本語ではニシキヘビですよね?ちょっと怖いのですが…。
爬虫類好きな方、結構多いのですね。餌代が心配ですが、毛が抜けることもないし、お世話も楽そう。今度、ペットショップをのぞいてみては?
(文・井上裕紀子)




■関連:アトピー性皮膚炎 赤ちゃんがかかりやすい 皮膚の病気

■文中のコメントはすべて、「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です。

■おすすめ記事
自撮り、ポエム、自作小説…恥ずかしくて人に言えない!!ママたちの黒歴史

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事