1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. レモン8個分以上のビタミンCにバナナ約3本分の食物繊維、葉酸… 栄養がギッシリ詰まった「スーパーフルーツ」って?

レモン8個分以上のビタミンCにバナナ約3本分の食物繊維、葉酸… 栄養がギッシリ詰まった「スーパーフルーツ」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とくに春から秋にかけて店頭でたくさん見かけるキウイ。実は、赤ちゃんにも妊婦さんにもうれしいさまざまな栄養がまとめてとれる「スーパーフルーツ」って知ってました?
レモン約8個分のビタミンC(※1)に、バナナ約3本分の食物繊維(※2)、りんご約9個分の葉酸(※3)ほかビタミンやミネラルもギッシリ。

このスペシャルな果物「キウイ」を、たまひよメイトの皆さんはどのように取り入れているのか聞いてみました。

栄養のバランスはとれてる?というときに、キウイ!

出典:たまひよメイト・古川千佳さん

「子どもの食事で気になることは、栄養のバランスがとれているかということ」と言うのは、たまひよメイトの古川千佳さん。多くのママもうなずけますよね。そんな古川さんが「三度の食事だけではとれない栄養を、デザートやおやつで補えたら」とよく食べているのがキウイ!
長男の幼稚園のお弁当に、二男のおやつにちょうどいいんです(離乳食には電子レンジでほんのり温めてもgood)。

出典:たまひよメイト・古川千佳さん

古川さん自身の最近のお気に入りはキウイ&甘酒スムージーで(米こうじの甘酒使用)、長男も「作って~」とリクエストするおいしさとか♪

赤ちゃんにおすすめは、甘みが強い「ゼスプリ・サンゴールドキウイ」

出典:たまひよメイト・大坪沙季さん

離乳食コーディネーターの資格を持つ料理研究家・たまひよメイトの大坪沙季さんは、息子さんがちょうどキウイを食べられる月齢になり、早速あげてみることに。酸っぱい顔をするかと思いきやキラキラ笑顔! ちなみに息子さんが食べたのは、「ゼスプリ・サンゴールドキウイ」。黄色い果肉が特徴で、甘みが強いので赤ちゃんにおすすめだそうです。
「おいしくいただくには、完熟かどうかを見極めるのが大事。軽く握って弾力を感じるくらいが完熟の合図」とか。

出典:たまひよメイト・大坪沙季さん

キウイには大人もはまって、フルーツサンドや豚肩ロースのソテーのソースにするそうです。

出典:たまひよメイト・大坪沙季さん

「ゼスプリのキウイはお店に並ぶ前に残留農薬検査があり、高品質のキウイだけを提供しているそうなので、大切な息子にも安心してあげています」(大坪さん)

離乳食で一度あきらめたけれど…

出典:たまひよメイト・清本由佳さん

「キウイは7~8カ月ごろの離乳食中期から食べられるということでトライしたものの、一口食べてその後口を開けてくれずいったんあきらめていました」と言うのは、たまひよメイトの清本由佳さん。
ところが! 甘みの強い「ゼスプリ・サンゴールドキウイ」を試したところ、なんと! お子さんがパクパク食べてくれたとか。

出典:たまひよメイト・清本由佳さん

「赤ちゃんはビタミンが不足しがちなので、簡単に摂取できるのはとてもありがたいです」と清本さん。お子さんがキウイ大好きになってとってもうれしいそう。

まだまだある!「ゼスプリ キウイ」のいいところはこちら

暑い季節におすすめの「キウイドリンク」で葉酸と食物繊維をおいしくとる

キウイがおすすめなのは赤ちゃんだけではありません。キウイは妊婦さんにもとってもうれしいフルーツ。初めて妊婦のたまひよメイト・市川千緩さんは「妊娠して、赤ちゃんのために栄養をとらないといけないけど、体重管理もしないといけない。日々の食事に戸惑っていました。とくに葉酸の摂取と便秘の解消が最大のテーマ!」。
そこで、目をつけたのが、葉酸がりんご約9個分、食物繊維がバナナ約3本分の「ゼスプリ・グリーンキウイ」。皮をむく必要がなく、半分に切るだけで食べられるので、忙しい朝でもササッと食べられます。小腹がすいたときのおやつにもぴったり。

出典:たまひよメイト・市川千緩さん

「キウイは、まだ少しかたいなと感じるときは、りんごやバナナと一緒にポリ袋に入れておくと早く熟しますよ」と市川さん。最近は、ヨーグルトにキウイとバナナやシリアルなど家にあるものをトッピングしてフルーツボウル風にしたり、キウイをはちみつとレモン汁につけて15分ほどおいたものを、ソーダ水で割ってさわやかドリンクに。
つわり中の妊婦さんにもおすすめで、「これからの暑い季節、おいしいゼスプリのキウイで効率よく栄養をとりたいと思います」。

体重が気になる妊娠中も効率よく栄養を

出典:たまひよメイト・木谷 綾さん

「妊娠してから、栄養をとりたい一心で、毎日欠かさずフルーツを食べるようにしている」というたまひよメイトの木谷綾さんは、半分に切るだけというその食べ方の手軽さからキウイ派に。
「ビタミンCはとくに水に溶けやすかったり、熱に弱かったりするので、そのまま食べられるキウイは効率よく吸収できるところが本当に魅力的」と言います。

出典:たまひよメイト・木谷 綾さん

最近、「ヨーグルトフローズンキウイ」を作ってみたとか。生クリーム、ヨーグルト、キウイ、砂糖をブレンダーで混ぜて凍らせるだけ。グラノーラと一緒に食べてもおいしそうです。
「体重が気になる今日このごろ。キウイのような低カロリー・高栄養価の食材をうまく使いながら過ごしていきたいと思います」

熱中症予防には塩キウイ!?詳しくはこちら

※1 ゼスプリ・サンゴールドキウイの場合。レモン1個約100gのうち果汁に含まれているビタミンC量を20mgとして算出。
※2、※3 ゼスプリ・グリーンキウイの場合。キウイの数値は、ゼスプリ インターナショナル調べ。バナナ、りんごは「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」の数値で計算しています。


協力/ゼスプリ

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事