1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの心と体をすくすく育てるハーフバースデーまでの遊び方

赤ちゃんの心と体をすくすく育てるハーフバースデーまでの遊び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美しい母親は、彼女の手のひらにかわいい赤ちゃんをここでキスします。母は自宅に彼女の小さな女の子を世話します。1 週間の新生児の女の子。
Rachaphak/gettyimages

赤ちゃんの0~6カ月ごろは、首がすわって、寝返りやおすわりを始めるなど、運動面での成長が目覚ましい時期です。赤ちゃんの発達は、遊びを通して促すこともできるので、赤ちゃんの機嫌がいいときにどんどん触れ合い遊びをしてみましょう。0~6カ月ごろの赤ちゃんとママ・パパにおすすめの触れ合い遊びを紹介します。

関連:生後2~3ケ月になったら親子でTRY! 厳選5つの遊び

月齢別にチェック! 発達の目安と遊びワザ

0~6カ月ごろの1カ月ごとの発達の様子と、そのころの赤ちゃんが喜ぶ遊びワザを紹介します。
「笑わないから喜んでいないのかも…」なんて心配は不要です。0~6カ月はまだ反応が薄い時期なだけで、赤ちゃんはママ・パパと触れ合って遊ぶことが大好きです。だから、優しく声をかけたり、スキンシップを図ったりして楽しんでみましょう。

【0カ月ごろ】

反応は少ないですが、ママの声はわかっています
あまり動かず、眠っている時間が長い時期。しかし赤ちゃんは生後すぐからママの声を聞き分けて、近くのものはぼんやり見えています。

★遊びワザ★
おはなししましょ
赤ちゃんが起きていて機嫌がいいときに、話しかけてみましょう。「おっぱいおいしいね」「おむつ替えようね」など、お世話しながら話しかけるだけでOK! 笑うなどの反応はなくても、赤ちゃんは身近な人の声をしっかり聞いています。 

【1カ月ごろ】

目の前のものを、少しずつ目で追うことも
母乳やミルクを飲むのが上手になっていきます。また少しならば、目の前のものを目で追うこともできます。泣き声とは違う「アー」「クー」というような声(クーイング)を出すことも。

★遊びワザ★
おなかちょんちょん
授乳のときやおむつを替えたあとなど、赤ちゃんの機嫌のいいときに、「ちょんちょん」などと言って、体を優しくさすったり、なでたりしてみましょう。ママ・パパに触られると、赤ちゃんは安心感を覚えます。

【2カ月ごろ】

ママ・パパの顔をじっと見つめるように
「ウグウグ」などのクーイングがますます盛んに。目の前のものを目で追う追視がより上手になり、ママ・パパの顔をじっと見つめることもあります。

★遊びワザ★
みーつけた!
「かわいいおてて、みーつけた♪」「かわいいおめめ、みーつけた♪」と歌いながらリズミカルに、鼻、口、耳など赤ちゃんの体のいろいろな部位を優しくタッチして刺激を与えましょう。

【3カ月ごろ】

表情が豊かになり、聞く力もぐんと発達!
あやすと笑うなど表情が豊かになります。聞く力も発達して、声や音のするほうに顔を向けるように。自分の体に興味を示し、手をなめたりすることも。

★遊びワザ★
パチパチどこだ?
赤ちゃんの目の前で優しくパチパチ手をたたいて、興味を引きます。次は「どこかな?」と声をかけながら左、右、頭の上などいろんな方向からパチパチ手をたたいてみて。赤ちゃんが目で追ったら「見つけたね」「こっちだね」と声をかけてみましょう。

【4カ月ごろ】

首がすわって、視界が広がります
首がすわるようになり、うつ伏せの姿勢でまわりを見ることができるようになる時期。また興味があるものをじっと見たり、音のするほうを向いて音を聞いたりもします。

★遊びワザ★
くすぐりかいじゅう
ママ・パパの手をかいじゅうの口に見立ててパクパク動かし、「くすぐりかいじゅうがきたー!」と、赤ちゃんの体を触ります。「あんよ、食べちゃうぞー」などと言って、体のいろんなところを手でパクパクしてあげて。

【5カ月ごろ】

体をねじって、寝返りを始める子も
体をねじる動きから、寝返りができるようになる子も。脳が発達し、目と手の動きをつなげられるようになるので、興味があるおもちゃなどに手を伸ばすようにもなります。

★遊びワザ★
ねじってくるん
体をねじるような動きが見えてきたら、寝返りを促す運動もおすすめ。あお向けに寝た赤ちゃんの片足を、もう一方の足の上に交差させるようにのせ、浮き上がったおしりを、ママ・パパの手のひら全体で支えます。すると、そのままくるんと寝返りができるように。無理に寝返りさせるのではなく、赤ちゃんの自然な動きに合わせるのがポイントです。

【6カ月ごろ】

おすわりができ、遊びのバリエーションもアップ
不安定ながらもおすわりができるようになる子も! また興味のあるものをつかむなど、能動的な動きが増える時期です。隠したものが出てくることも予想できるようになり、「いないいないばぁ」などの遊びを喜ぶようにもなります。

★遊びワザ★
いろいろ“いないいないばあ”
手で顔を隠して「いないいないばあ」をするだけでなく、ぬいぐるみなどをハンカチやタオルで隠したり、テーブルの陰などに隠して「ばぁ!」と出してみて。赤ちゃんがじっと見たら、「トコトコ…」と言いながら、赤ちゃんのほうにぬいぐるみを歩かせると、より楽しめます。

関連:【0~2ヶ月】首すわり前でもできる!赤ちゃんが喜ぶ触れ合い遊び6選

0~6カ月ごろの赤ちゃんとママ・パパにおすすめの触れ合い遊び、参考になりましたか。赤ちゃんはママ・パパと触れ合って遊ぶことで安心感を覚え、親子の信頼関係を深めるので、機嫌がいいときには積極的に遊んでみてください。触れ合い遊びをするときは、赤ちゃんを傷つけないようにママ・パパのつめは短く切っておくことも忘れずに。また、激しく揺らしたりする遊びは避けて! もっと遊びのバリエーションが知りたい方は、月齢に合った赤ちゃん向けの教材を参考にしてみてはいかがでしょうか。(文・麻生珠恵)

取材協力/こどもちゃれんじ

■おすすめ記事
0歳代の今こそ! 赤ちゃんの感性・知性・運動機能を育もう

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事