1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. お受験する子も受けるの?就学時健診の基礎知識

お受験する子も受けるの?就学時健診の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安全な医療の概念がサポートします。
takasuu/gettyimages

小学校入学の前に子どもが受ける健康診断「就学時健診」。どんなことをするのか、親のほうも気になりますよね。就学時健診の目的や内容に加え、「下の子は連れていってもいいの?」「健診で何か指摘されたらどうするの?」など、知っておきたい基礎知識について子育てアドバイザーの長島ともこさんが解説します。

関連:小学校入学前の健診で「目」が悪いと言われたら。6歳は早期発見・治療のラストチャンス

長島ともこ
フリーエディター、ライター。育児、妊娠&出産の分野を中心に書籍、雑誌、WEBの編集、執筆に携わる。著書『PTA広報誌づくりがウソのように楽しくラクになる本』、新刊に『卒対を楽しくラクに乗り切る本』がある。認定子育てアドバイザー、All About「子育て・PTA情報」ガイド。2児の母。
ながしまともこのホームページ

就学時健診って何? どんなことするの?

就学時健診とは、学校保健安全法にもとづき、翌年4月に小学校に入学する子どもを対象に市区町村が実施する健康診断です。

・小学校入学にあたり、子どもの健康について、保護者と本人が関心を深めること
・健診で病気などが見つかった場合は、入学までに必要な治療を施し、健康な心身の状態で入学するよう努めること
・学校生活や日常生活に支障となるような心身の異常がある子どもに、適切な医療を受けるようすすめ、就学支援を行うこと

以上の3つを目的に、主に、近隣の公立の小学校を会場に行なわれます。

就学時健診の通知は、地区町村より9〜10月、該当する家庭に郵送され、10〜11月に実施されるのが一般的。

当日は、健康診断(視力、聴力、眼科、耳鼻咽喉科、内科、歯科)に加え、簡単な面接が行なわれ、健康面、心身の発達面を検査します。所要時間は、受付から終了までで、2時間前後と考えておくとよいでしょう。受付時、保護者は、事前に配布された子どもの健康調査票に既往歴、予防接種歴、また気になることや相談したいことがあれば記入し、提出します。

健診の結果は、その日のうちにわかる場合が多く、虫歯など治療が必要な場合は、医療機関への受診がすすめられます。発達等において、学校生活に支障がおこる可能性がある場合は、しかるべき機関で教育相談や就学支援を受けることができるよう、アドバイスを受けることができます。

就学時健診は、会場となる小学校の高学年の児童が誘導などのお手伝いをすることも多いもの。
小学生のお兄さんやお姉さんと接することで、小学校生活がポジティブにイメージできる子も多いようです。

「下の子を連れてってもいいの?」etc。就学時健診のソボクな疑問

以下、就学時健診でよく寄せられる疑問に答えます。

下の子を連れていってもいいの?

下の子連れでも、基本OKです。就学時健診は、保護者は子どもの付き添いで、受付後は「待合室の教室で、健診を受ける子どもを待つ」というケースが多いもの。待合室の教室で、下の子と一緒に待機できるでしょう。ただ、待ち時間が長いと下の子が飽きてしまうので、たいくつしのぎのためにも、お気に入りのオモチャや絵本などを持参すると安心でしょう。

早く受付すると、早く終わるの?

就学時健診は、当日の受付順が、そのまま順番になることが多いようです。受付は、午後早い時刻で、「早く受付すると、終わるのも早い」というケースが多いです。平日の開催がほとんどなので、園を早退して就学時健診に行く親子も少なくありません。夕方用事がある場合は、なるべく早めの受付を心がけたほうが無難でしょう。

早く受付すると、早く終わるの?

就学時健診は、当日の受付順が、そのまま順番になることが多いようです。受付は、午後早い時刻で、「早く受付すると、終わるのも早い」というケースが多いです。平日の開催がほとんどなので、園を早退して就学時健診に行く親子も少なくありません。夕方用事がある場合は、なるべく早めの受付を心がけたほうが無難でしょう。

小学校受験する予定だけど、就学時健診って受けたほうがいいの?

就学時健診は、国立、公立、私立にかかわらず、小学校入学を控えた子どもは受ける義務があります。受験をする場合も、就学時健診は必ず受けましょう。就学時健診前に、国立、私立小への入学が決まった場合は、その小学校で入学前健診があるか否かを確認し、ある場合はその小学校での健診を受け、市区町村にその旨を連絡しましょう。

当日、子どもが体調不良……どうすればいい?

案内通知に記載されている連絡先に必ず連絡し、指示をあおぎます。別日程で開催される別会場での健診をすすめられることが多いようです。

当日の服装はなんでもいいの?

特に決まりはなく自由ですが、内科検診がありますので、脱ぎ着がしやすい上下が分かれた服で臨むとスムーズでしょう。

※就学時検診の具体的な内容や進め方は、市区町村により異なります。不明な場合は、市区町村に確認しましょう。

何か指摘されたらどうする? 親の心構え

就学時健診で、視力の低下や虫歯、歯並びなど健康面で問題があると、再検査を受けるようにすすめられます。親としてはショックを受けてしまうかもしれませんが、「早めに見つけてもらってラッキー」と前向きに受け取り、なるべく早めに医療機関を受診しましょう。

知能や発達面で、再検査をすすめられることもあります。「うちの子、もしかしたら発達障害かも……」と不安になるかもしれませんが、発達障害は、早期からの適切な支援により、学校や社会に十分適応できるようになることが知られています。

子どもを責めたり、「これまでの育て方が悪かったのではないか」と自分を責めたりなどネガティブにとらえず、「子どもの個性」と受け止め、小学校に入学するまでにどんな相談や支援が受けられるかを聞き、向き合っていきましょう。

関連:[ヒビユウの育児絵日記 #58] 小学校入学準備。ラン活の次は・・・?

就学時健診は、入学前のわが子の健康状態を客観的に知ることができる、良い機会です。通知がきたら日時や内容をしっかりチェックし、体調を整えて出向きたいもの。とはいえ、「テスト」ではありませんので、緊張しすぎはNGです。会場の小学校を探検に行くような気持ちで、リラックスして臨みましょう。

■おすすめ記事
<PR>ひらがなや数も楽しいから覚えちゃう!小学校の学びにつながる、年中さんの有意義な夏の過ごし方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事