1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ポイントは2つだけ。料理がおいしそうに見える撮影のコツ

ポイントは2つだけ。料理がおいしそうに見える撮影のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手持ち株スマート フォン美しい食べ物の写真を撮って、新鮮なグリーン サラダをミックス
Kritchanut/gettyimages

スマートフォンやカメラを使って自分作った料理を日常的に撮る人も多いと思います。でも、撮影した後に写真を見てガッカリ……なんてことはありませんか?

料理家 フード&テーブルコーディネーターの清澤春恵さんに「おいしそう」に見える撮影のポイントを聞きました。

関連:時短だけど、手抜きに見えない…!ママたちのメイク事情を調査♪

<プロフィール>
FOOD&DECO
清澤春恵
料理家 フード&テーブルコーディネーター フードスタイリングフォトグラファー チョコレートエキスパート 食文化講座講師等

料理家として教室を主宰する傍ら、食関連企業や雑誌の商品開発、テーブルコーディネート、講座、スタイリング&撮影を担当。
湘南サロンにおいて「料理教室」「テーブルコーディネート教室」「教室開講コース」「写真教室」「和の行事とテーブル」「メディカルハーブティー」「アフタヌーンティ教室」「フランスの食講座」等を開催 「フランス食と雑貨の旅」も企画
HP:FOOD&DECO

ポイント1 おいしそうに見えるように撮るには「光」を探す

まず、料理写真を撮る場合、蛍光灯やライトの下ではなく、自然光での撮影がおすすめです。
料理が明るく自然に見えるのは明るい窓際から入る光やカーテン越しの柔らかい光です。

また、屋内に限らず、テラスや庭で撮ると自然光がより感じられるナチュラルな写真が撮影できます。ただし、料理に直射日光をあてると、おいしそうに見えないので注意が必要です。
その場合、木陰を人工的に作ったり、枝を料理の上にかざすと程よい木漏れ日ができて自然な写真を撮ることができます。

さらに同じ場所でも、季節によっては光が届かなかったり、強すぎたりします。
太陽光は1年中同じではないため、同じ時間、同じ位置で撮影しても光は変化していきます。
そのため、タイミングによって写真のイメージが大きく変わります。
気をつけておきたいポイントは「光を探して自分が移動すること」。いつもの場所から少し器をずらしてみたり、撮影する時間をかえてみたり、テーブル上にこだわらず、お料理をトレイにのせてちょうどよい光を求めて移動したりしてみてください。
また、お料理が暗くなりすぎたら露出補正やスマートフォンの編集で明るくしましょう。

ポイント2 おすすめは斜め上。おいしそうに見える「角度」にこだわる

また、撮影をする「角度」にもこだわりましょう。
最近は料理を真上から撮影する人が多いですが、料理の完成度が問われるので、実は、おいしそうに撮る難易度が高いんです。

1番おすすめの角度は、料理に対して斜め上から撮ること。お料理全体が見え、立体感がでます。

斜め上から撮ったホックホクのコロッケおうちごはん

また、他の写したくないものも映り込みにくいため撮りやすい方法です。

斜め上から撮ったカラフル野菜のグラスサラダ

撮る角度が決まったら、1度撮影し、その後、自分がぐっと1歩前に出てもう1枚撮影してみてください。もう少し強調された1枚が撮れます。

いろんなアレンジも楽しんで

時にはドラマチックな写真にトライしてみましょう!
ドラマチックな写真とは、その中に“物語”を感じる撮り方です。アニバーサリーやイベント、夕刻のほっとしたドリンクタイム等の写真……。例えば、サンドイッチをピクニックボックスに詰め、サラダはガラスジャーに入れて、写真に少し映り込むようにナプキンを添え、後ろにグリーンが少し見えれば、まるでピクニック気分。
ドリンクタイムもスタンドなどの明かりを通したワインやビールはちょっといい感じに!
また、焼き立てのケーキに粉砂糖を振りかけながら撮影したり、料理にソースを回しかける瞬間などは臨場感のある写真になります。

関連:100均でフォトジェニックなパーティに!? バースデーやイベントに使える100均グッズ集

慣れるまで難しいかもしれませんが是非トライしてみてください。
撮り続けているうちに自分のスタイルが見えてきます。
「気持ちを込めて撮る!」これが大事なポイントです!

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事