1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 2歳
  4. AIにはない3つのチカラの伸ばし時は、2・3歳の今!

AIにはない3つのチカラの伸ばし時は、2・3歳の今!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学校でロボットアームを構築する小さな女の子
kynny/gettyimages

今の子どもたちは、ママやパパが生きてきた時代とは、まったく違う時代を生き抜いていきます。10年後ぐらいには、AI(人工知能)時代が本格的に始まり、仕事やライフスタイルが大きく変わると予測されています。未来に生きる子どもたちが、自分らしくAI時代を過ごすために、ママやパパが今、できることを考えてみませんか。

AI時代を見据えて、2020年度から小学校では授業にも変化が!

そもそもAI時代とは、どんな時代でしょうか。10年後ぐらいには、今はない職業に多くの子どもたちがついていると言われています。また今ある仕事の半分は、AIが担うと予測されています。だからといって「人間が不要になる」とは考えないで! AI時代がめざすのは、ロボットを活用しながら、人間と共存する世界です。
そのため教育現場でも、AI時代で必要なチカラを養うための教育が行われ始めています。
たとえば小学校では、2020年度の学習指導要領の変更に伴い、これまでのような一斉授業だけではなく、自分で考えて発言し、人の意見に耳を傾けて、どうしたらよいか結論を導く“話し合い中心の授業”が多くなります。
またタブレットやパソコンなどを使ったプログラミング教育が始まります。こうした教育現改革の目的の1つは、今の子どもたちが変わりゆく未来に順応できるチカラを養うためです。

AI時代に必要なのは、AIが苦手な分野をフォローするチカラ

AI時代に身につけたほうがいいチカラとは、どんなチカラでしょうか。ママやパパのなかには「早い時期からプログラミングを習わせたほうがいい」と考える方もいるかも知れませんが、2・3歳で大切にしてほしいのは、AIにとって代わられにくいチカラを養うことです。
AIは人間よりも頭がよくて、万能のように見えますが、実は違います。主にAIが苦手とする分野は、次の3つです。
●ゼロから新しいものを生み出すこと
●自己を律したり、意欲的に挑戦すること
●他者を思いやったり、気持ちをくみ取ったりすること
そのため今の子どもたちに求められているのは、AIにはないこれらのチカラを育んでいくことです。

2・3歳の今は、AI時代に必要なチカラの土台を築く時期!

AI時代を見据えて身につけたい3つのチカラは、好奇心旺盛で頭も心もぐんぐん成長する2・3歳が、実は伸ばしどき!

夢中になって遊んだりすることで、しだいにチカラが伸びていきます。

〈こどもちゃれんじぽけっと〉では、AIにはない3つのチカラ、
●自分なりに考える力
●自分のことは自分でする力
●人を思いやる力
を2・3歳にぴったりの遊びでもっと伸ばせる教材をご用意しています。たとえば「自分なりに考える力」は、さまざまなパーツを組み合わせてオリジナルケーキを作る「かたち・いろ えらんでつくろう! ケーキやさん」で、「どんな組み合わせにしようかな?」「これを入れたらどうなるかな?」と楽しみながら自分で考えるチカラを養います。
また「自分のことは自分でする力」は、絵本やDVDでトイレが列車になる楽しい世界観にふれたり、楽しい歌や励ましの声かけが流れる音声玩具をトイレに置いたりすることで「トイレに行ってみたい!」という意欲を刺激します。
さらに「人を思いやる力」を育むには、小さい子のお世話をする遊びがおすすめ!「はなちゃんおせわセット」で、お熱を測ったり、ミルクやごはんをあげたりすることで、自然と「大丈夫?」「おいしい?」などの優しい言葉が増えて、思いやりの心が育まれます。

さらに詳しい情報は、〈こどもちゃれんじぽけっと〉をチェックしてみて!

未来を生きるために大切なチカラを伸ばす〈こどもちゃれんじぽけっと〉4月開講号は、ただ今、受付中です。

AI時代というと「まだ先の話では!?」と思うママやパパもいるでしょうが、紹介した3つのチカラは、実は幼稚園などの集団生活の場でも求められます。これらのチカラを育てるには時間がかかるので、2・3歳の今から意識してかかわってみませんか。(取材・文/麻生珠恵)
取材協力/こどもちゃれんじ

■おすすめ記事
2・3歳コース〈ぽけっと〉/トイトレLP

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/